神経を取ってしまった後は・・・

神経を.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
前回は神経を取る治療のお話をしましたが、その後はどのような治療をするのか今回はお話していきます。

神経を取った歯は、残った歯質の状態と程度に応じて修復方法を選びます。レジン充填やインレ―修復を選択することもありますが、多くの場合は金属やセラミックの被せものになってしまいます。その代表的な修復方法が、「さし歯」です。歯の大部分がなくなって、歯の根っこだけが残るケースが多いからです。もともとさし歯の由来は、釘のような金属ポストに人工の歯を取りつけて、残った根っこに差し込むものでした。

現在では、土台部分だけ先に作って、形を整えてからプラスチックやセラミックなどでつくられた表面部分を被せて固定します。奥歯もこれと同じ方法で修復することが多く、広い意味で、神経を取った歯の修復方法として、さし歯が主流といえるでしょう。

さし歯の土台部分は、かなり強力なセメントで固定されていますが、トラブルが多いのも現実です。外れにくくするために、ポスト部分をできるだけ太く、長くすればいいのですが、こうすると残った根っこが割れやすくなってしまいます。割れた場所や状況にもよりますが、根っこが割れてしまうと抜歯になるケースが多く、悩ましい問題です。脱離や歯根破折以外にも、金属イオンの流失による歯ぐきの変色や、境目部分の歯が虫歯になって審美的に問題になる場合もあります。

最終的な被せ物は、歯型を採って技工所で精密につくられています。しかし、いくら精密につくったとはいえ、歯との境目にはかならず段差ができてしまいます。もともとプラークなどの汚れがたまりやすい場所ですので、段差の下にたまった汚れは周囲の歯ぐきに炎症を起こし、歯周病の進行も早めてしまいます。

泣く泣く神経を取って抜歯を免れたとしても、やはり治療には様々なリスクが伴います。こうなる前に定期的に歯医者へ行って診てもらい、健康な歯を1本でも多く残していきたいですね。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

関連ページ

医学博士による口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気