なぜ「予防歯科」が必要なのか

こんな考えをお持ちの方は要注意!

こんな考えをお持ちの方は要注意

・痛くなったら歯医者に行けばいい

・定期的に通うよりも、虫歯になってから治療した方が出費が少ない

・歯医者は虫歯にならない自分には関係のない場所だ

・最後に歯科へかかったのはいつなのか思い出せない

歯は削れば削るほど悪くなる!

歯の構造

「虫歯になったら歯を削れば治る」と思っていませんか?歯は削れば削るほど虫歯になるリスクが高まります。

「虫歯になったら歯を削れば治る」と思っていませんか?歯は削れば削るほど虫歯になるリスクが高まります。 歯はエナメル質というとても硬い成分で守られています。しかし内側の象牙質は軟らかく、虫歯に対しては非常に弱いのです。歯を削るということは、エナメル質に穴を開け、弱い部分を露出している状態なので、治療前よりも虫歯になりやすくなってしまいます。たとえ詰め物をして蓋をしたとしても、とても小さな細菌はその隙間から入り込んでしまうため、繰り返し治療が必要になってしまう場合があります。
歯は1度削ってしまったら2度と元に戻りません。削らない状態が最も強く丈夫です。そのため、健康な状態を保つ予防歯科が重要なのです。

また、虫歯にならなくて長いこと歯科にかかっていない方も要注意です。虫歯にならなくても知らないうちに歯周病が進行している可能性があります。

鶴ヶ島のプラザ若葉歯科では、鶴ヶ島・坂戸の虫歯や歯周病を少しでも減らせるように予防歯科を推進しています。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気