インプラントの種類

高品質・低価格のこだわり

page014.jpg

基本的に当院では、保険でできるものは保険内でできる最高の物を追及します。
ただし、健康保険の歯科診療は、誰もが必要最低限の健康が得られる事を目的としたものです。
その枠の範囲は最新の治療は含まない、見た目への考慮が足りないという欠点があります。
より良い診療を希望される場合には、保険適応外を選択する必要もあります。
理想的には、全ての最良の医療・材質が保険に含まれれば良いのですが・・・。
インプラントは保険外処置となる為、保険と比べると高価である事は否定できません。
しかし、当院ではインプラントも高品質で低価格な料金に設定してあります。

患者さんに合わせて使用する2つのインプラント

骨の状態が悪い場合・汚れがついて骨が溶け安定性に欠けた場合はインプラントが、最悪外れてしまいます。
そこで当院では骨とインプラントの結合が強力になる様にチタンタイプ、HAタイプのそれぞれ長所を残し、短所を消す方法を採用しています。
・光機能化インプラント
・薄膜HA(ハイドロキシアパタイト)インプラント
この2種類を用いる事で、一人一人に対応した最適なインプラント治療を可能にしています。

光機能化インプラントと薄膜HA(ハイドロキシアパタイト)インプラント

光機能化インプラント

最新の技術を用いて、医院内にてチタンのインプラントに特殊な光を照射します。
そのことで、インプラントは親水性を高め結合速度が純チタンに比べ約4倍も速くなります。
接着能力も従来の約3倍という結果が出ています。

HAインプラント

チタン表面をハイドロキシアパタイトでコーティングしたものです。
これにより、骨の状態が悪いケースでも、周囲骨とインプラントの間にカルシウム沈着が早期に起こりしっかりと結合します(バイオインテグレーション)。
しかし、HAがチタンから剥離すると感染などの原因になります。
これは薄膜コーティング(1μm)にすることで、時間経過とともにリモデリングにより自家骨と徐々に置換し、数年ほどでオッセオインテグレーション(チタンインプラントの骨接合)に近づきます。
純チタンで6~12ヶ月かかっていたインプラントが上記の使用により、当院ではどのタイプでも早い方だと2ヶ月程度で治療を終え、高い定着力を提供出来るようになっています。

最も重要なこと

素材も大事ですが、1番重要となるのはどんな先生が実際の治療を行い、どんな技工士さんが製作するかです。
一人一人の顎の骨の状態は、方向性・骨量など同じ状態は一つもありません。
患者さんのお口の「機能」と「審美」を追求し、一人一人に合ったベストな治療を提案します。
そして安心・安全、高品質で低価格なインプラントを提供し続けていきます。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気