自費診療のメリット・デメリット

自費診療のメリット・デメリット

当然ながら、保険診療・自費診療共にメリット・デメリットがあります。どちらも患部を修復することには変わりませんが、治療材料や適応範囲が変われば、その後の経過や患者さん自身への負担なども変化します。

自費診療のメリット

自費診療のメリット

治療の範囲が広いため、より患者さんの希望にお応えすることができます。患部を修復するだけではなく、機能性や耐久性をプラスすることができます。
例えば、虫歯治療後の被せ物であれば、より腐食しにくい素材を選択すれば劣化による被せ物の交換回数が少なくて済みます。汚れが付きにくい素材を選択すれば同じようにお手入れしていても虫歯になるリスクを軽減することができます。

自費診療のデメリット

自費診療のデメリット

やはり費用の負担が大きいことです。保険診療ですと自己負担額は3割で済みますが、自費診療の場合は全額負担となるため、一層高額に見えてしまいます。
また、日本では混合診療(治療内容の一部分のみ自費診療を適応させること)は原則禁止のため、自費を選択した場合は全ての治療が自費負担になります。
継続して治療が必要な場合は、その総額についても確認しましょう。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気