歯のこばなし

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

歯科訪問診療とは?

年齢が高くなると、心も体も少しずつ衰えていくものです。ご家族の方のお世話が必要になってくることもあるかと思います。体が不自由になるにつれ、お口のケアが十分にできなることがとても多いことをご存知ですか。入れ歯が合わなくてつらい、うまく噛めないなど、食べる楽しみがなくなってしまうのは、とても悲しいことです。

体や心の問題で歯科医院に通院できない方のために、歯科訪問診療という制度があります。歯科訪問診療は、歯科医師・歯科衛生士がお住いの自宅や施設・病院に訪問して、治療や口腔ケアを行うものです。それでは、歯科訪問診療について簡単にご説明したいと思います。

1.歯科訪問診療とは

在宅で受けられる医療(在宅医療)は、往診と訪問診療の2種類に分けることができます。その違いは、以下の通りです。

往診:医師・歯科医師が診療上必要と判断したときに、予定外に自宅などに赴いて、診療を行うもの

訪問診療:通院が困難な方に対して、診療の計画を立て、患者さんの同意を得て定期的に患者さんの自宅などに赴いて、診療を行うもの

歯科訪問診療は、訪問診療に該当し、あらかじめ歯科医院、歯科医師と患者本人またはご家族とが打ち合わせを行い、通院が困難な理由やお口の悩み、ご自宅の状況などをお聞きします。そのうえで、日程を調整して歯科医師や歯科衛生士が訪問し診療や治療を行います。

2.歯科訪問診療の対象者

歯科訪問診療の対象者は、通院困難な方です。介護認定を受けているかどうかは、基本的には関係ありません。(ただし、介護認定を受けていることが歯科訪問診療の対象者と限定している歯科医院もあります)

また、ご自宅で歯科訪問診療を受けられることはもちろん、以下に挙げる福祉施設や居宅等に該当される場所に入居されている方も、歯科訪問診療を受けることができます。

●福祉施設等

  • ・病院、診療所
  • ・介護老人保健施設
  • ・(介護予防)短期入所療養介護
  • ・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム:特養)
  • ・地域密着型介護老人福祉施設(小規模な特別養護老人ホーム)
  • ・(介護予防)短期入所生活介護
  • ●居宅等

  • ・自宅
  • ・ケアハウス
  • ・養護老人ホーム
  • ・軽費老人ホーム
  • ・有料老人ホーム

3.訪問後の治療の内容

初回の訪問は、不具合部分の応急処置を行い、治療よりも実際のお口の中の検査や確認をメインで行うことが多いです。定期的な訪問の中で治療や口腔ケアを進めていく初回にあたるので、初回訪問時でできる治療内容は限られます。
初回訪問時の状況を踏まえて、訪問診療計画が策定されます。2回目の訪問では、今後の治療・ケアについて説明がされます。患者様または、ご家族の承諾の同意を受けたうえで、2回目以降の治療とケアが進められるのです。

実際の治療の内容は、患者さんの個々のお口の状態に合わせたものとなります。虫歯の治療、入れ歯の調整、歯周病のための口腔内のケアなど様々な治療・ケアの方法があります。
また、介護認定を受けた患者さんに対しては、歯科医師や歯科医師の管理のもと衛生士がお口のケアに関する助言や指導をする「居宅療養管理指導」が行われます。

4.歯科訪問診療費

歯科訪問診療にかかる費用には、以下のものが含まれます。

  • (1)治療(検査)費
  • (2)歯科訪問診療料
  • (3)指導料(居宅療養管理指導)
  • (4)交通費

(1)治療(検査)費

検査、治療費は、実際に歯科医院に来院した時にかかる検査代や治療代と同様のものです。レントゲン撮影などの検査費用や、虫歯治療や歯周病ケア、入れ歯の調整などそれぞれの治療内容に応じて費用が決められます。
こちらの治療費は、医療保険の適応となります。患者さんの加入している保険(国民健康保険、社会保険、後期高齢者医療保険など)の負担割合に応じて、医療費が計算されます。

(2)歯科訪問診療料

患者さんのいる場所が施設、居宅にかかわらず、訪問診療を行う際に、かかる費用です。こちらは費用の算定方法がとても複雑なのですが、訪問1回で診療できる患者数と診療にかかった時間などによって、加算額が変動します。それに加え、緊急な対応が必要であったか、初診か再診かどうかによっても算定額が変わります。

(3)指導料(居宅療養管理指導)

介護認定を受けた患者さんに対して、歯科医師や歯科医師の管理のもと衛生士がお口のケアに関する助言や指導を行うことを居宅療養管理指導と言います。介護認定度合に関わらず、要介護・要支援どちらの状態であっても、同じ費用が掛かります。居宅療養管理指導という項目は、介護保険サービスの一環であり、介護保険が適用となります

※介護認定を受けていない方と《2.歯科訪問診療の対象者》に記載の「福祉施設等」に入居されている方は、医療保険で算定されます。

(4)交通費

交通費の徴収は、歯科訪問を依頼する歯科医院が決めることができます。全く加算しないところもあれば、距離に応じて加算する医院もあります。歯科訪問診療のご予約を取る際に、ご確認をお願いいたします。

歯科訪問診療において、医療保険と介護保険とどちらが適用となるのかとよくご質問を受けます。治療関係は「医療保険」、指導関係は「介護保険」の適用となります。しかし、介護認定を受けていない方と《2.歯科訪問診療の対象者》に記載の「福祉施設等」に入居されている方は、すべて医療保険での算定となりますのでご注意ください。

5.申し込み方法

歯科訪問診療の申し込み方法には、いくつかの方法があります。地域で包括的に個人を支援しようとする流れから、多くの場所に介護・医療の専門家がいます。かかりつけの歯科医院が歯科訪問診療を行っている場合などもありますので、身近な相談先にお問い合わせをすることで、情報を得ることができるかと思います。

●申し込み・相談先

  • ・歯科医院への問い合わせ
  • ・地域の歯科医師会への問い合わせ
  • ・ケアマネージャーに相談
  • ・市町村の窓口に相談
  • ・医療・介護関係の窓口に相談(地域包括支援センター、社会福祉協議会、保健センターなど)

あまりになじみがない方も多いと思いますが、歯科訪問診療は確実に需要が高まっています。ご家族やご自身のいざという時のために、かかりつけの歯科医院が、訪問歯科をやっているのかどうか、訪ねてみてもよいかもしれません。

プラザ若葉歯科では、歯科訪問診療を行っております。専門の歯科訪問車で、ご自宅や施設に直接伺い、一人一人の治療や口腔ケア、個別指導を行うことができます。歯科訪問診療を行っていた患者さんが、元気になってきたので、通院に変わったというケースもありました。

大切なご家族のために、歯科訪問診療という選択を考えてみませんか。よく噛むことと楽しく食べることは、生活の質を高め気力もわいてきます。プラザ若葉歯科での、歯科訪問診療のご相談、いつでもお待ちしております。

参考ページ

歯科訪問診療

患者さまの高齢化により多くの訪問診療のご要望をいただいたため、訪問歯科診療部門を立ち上げました。
歯科医院に通いたくても通えない患者さまも、歯の痛みやお口の中の不調は我慢せずにご相談ください。


親知らずの不思議

親知らずは、一番最後に生えてくる歯で、真ん中の歯から数えて8番目の一番奥にある歯(第3臼歯)です。永久歯は小学生の時期、だいたい6歳から13歳くらいの間に生えてきます。
ところが、親知らずが生える時期は、18歳から20代前半くらい。大人に近づいて、「親が知らないところで」いつの間にか生えてくる歯が親知らずなのです。

 

親知らずには良いイメージがないかもしれませんが、全く役に立たない歯ではありません。親知らずがきれいに生えている場合は、他の臼歯にトラブルがあって無くなってしまった時の代替歯として、きれいなままの親知らずを移植することができます。移植された親知らずは、しっかりと神経も繋がり、新しい場所で臼歯としての役目を果たしていく事ができます。親知らずが生えたら、必ず抜かなければならない、ということではないのです。何も問題がなく、まっすぐきれいに生え揃っているのであれば、親知らずであっても抜く必要はありません。親知らずは、意味のない歯ではなく、いざという時に役立つ歯なのです。

 

しかし、必ずしも素直にまっすぐ親知らずが生えてきてくれるとは限りません。親知らずには良い印象がなく「抜いた方が良い、厄介な歯」と考えている方も多いのではないでしょうか。それは、狭いところに無理やり生えてこようとしてしまうことが問題なのです。
多くが現代人の食生活が起因と言われています。子供の頃から柔らかいものを食べがちな食生活を続けることによって、あごが十分に発達せず、8×4(上下左右)=32本の歯が正常に生えるだけのあごの広さを持つことができません。そのため、通勤ラッシュ時の埼京線のように、狭いところに無理やり侵入することになり、ぎゅうぎゅう詰めになってしまうのです。
歯もぎゅうぎゅう詰めの状態になることによって、他の誰かが苦しい思いをしたり、まっすぐ立っていられなかったりするのも想像できると思います。

 

お口の中のトラブルとなってしまう親知らず

・一番奥にあるため、歯ブラシが届かず虫歯になってしまう
(隣の健康な歯もむし歯になってしまうことがあります)
・狭い場所に無理やり生えて、他の歯並びを乱したり、圧迫したりしている場合
・親知らずがまっすぐ生えず、隣の歯の根っこを傷つけている場合)
 (斜めに生えていたり、横に生えていたりする)
・歯茎から全く生えず、歯茎や歯根に炎症を起こしている場合(埋伏歯)

 

問題を抱えている親知らずは、悪い影響が広がらないうちに、抜歯を考えた方が良いでしょう。しかし、問題なく生えている前歯や臼歯を抜く場合と違い、問題がある親知らずの抜歯には、口腔外科の知識と高度な技術が必要となります。 全ての歯科医院で、トラブルメーカーとなるような親知らずの歯を抜くことができるわけではありません。特に埋伏智歯と言われる、歯茎の中に埋もれていたり、真横に生えていたりするような親知らずの場合、大学病院を紹介されることがほとんどです。

 

プラザ若葉歯科では、一般歯科医院で断られてしまうような親知らずも、抜歯することができます。真横に生えていたり、斜めに生えてきていたりする親知らずでも、問題ありません。患者様への傷口を最小限にしながら、親知らずの抜歯ができます。
口腔外科を専門としている院長が、責任を持って治療しますので、ご安心ください。
家族やご自身の親知らずの状態が気になったら、ぜひご相談くださいね。


抜歯後の治癒について

こんにちは!プラザ若葉歯科の佐藤です。
今日は、どうしても歯を残せず抜歯になってしまった時のお話をさせていただきます。

 

苦しめられた炎症も、抜歯によって炎症を起こしていた原因が排除されると、速やかに回復します。つまり、健康な骨に囲まれた場所は骨に、歯肉に囲まれた場所は歯肉になります。

 

抜歯をした穴に流れ出した血液は、ゼリー状に固まって血餅を作ります。傷口は2~4日ほどで小さくなり、くぼみが残るものの、7~10日ほどで表面が上皮におおわれます。血餅の内部では、血管の新生と骨を作る細胞の増殖(骨芽細胞)が始まり、肉の塊のような組織(肉芽組織)に変化していきます。肉芽細胞は、時間の経過とともに線維化して幼若な骨(繊維骨)になっていきます。3ヶ月ほどでくぼみもなくなり、表面的な治癒は完了します。内部の骨はその後も成長して、骨表面が緻密骨でおおわれるまでは、抜歯後1年ほどの経過が必要になってきます。

 

最終的に治癒しないような抜歯はありませんが、正常に抜歯された場合でも、2%ほどの頻度で露出した骨面に「ドライソケット」という炎症が起こります。その中でも特殊な例では、尖った骨が歯肉を突き抜けて露出することがあります。舌に引っかかるように突き出した骨は、裸のまま口腔内環境にさらされて炎症を起こします。そのまま放置しておいても、尖った骨は自然に崩壊(自壊)して治癒するので、過度に心配する必要はありません。極端な痛みと違和感が強い場合に限って、麻酔をして尖った部分を削り取れば、速やかに炎症は治まります。また、湾曲した歯根が破折して、どうしても抜けずに残った場合も、なにごともなかったように、その取り残された歯根を取り囲むように骨が再生しましので、過剰な心配は無用です。

 

最初はくぼみが元に戻るのかや、傷口の状態について色々と心配なこともあるかと思います。ただ、傷口は徐々にゆっくりと治っていきますので、心配はいりません。
もし、気になる感じなどが続くようならいつでもご相談くださいね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

医学博士による口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。


周囲の骨を溶かしていく炎症の怖さ

こんにちは!プラザ若葉歯科の佐藤です。

 

虫歯は、でき始めておよそ6年ほどで神経に到達します。「ちょっとしみる」と感じる症状が現れると、多くの場合は、それから数か月のうちに夜も眠れないほどの痛みに襲われます。まれに、それほどの痛みをともなわないこともあるようですが・・・。

 

さらに、そのまま放置しておくと、いよいよ歯の神経が死に絶えて、いったん痛みが遠のき、平穏な時間が訪れます。しかしその平穏な日々は長くは続きません。半年もすると、完全に腐りきった神経にふれていた根っこの先に炎症が起こります。この炎症が徐々に周囲の骨を破壊していきます。病理組織的には細かく分類されていますが、レントゲンで黒く見える骨破壊像は、総称して「根尖病巣」といいます。根尖病巣はさらに周囲の骨を破壊して、膿の出口をつくることもあります。

 

根尖付近に病巣ができると、そのときの体調や状況によってさまざまな症状が現れます。歯が浮いた感じがするとか、硬いものがかめないなどの症状だけでなく、顔もゆがむほどに腫れることもあります。激しい症状に対して、緊急的に歯ぐきを切って膿を出して炎症を抑えますが、根本的な処置としては、時間をかけて根の治療を行わなければなりません。

 

この時期の治療としては、完全に腐りきってヘドロ状になった歯の神経を、抜髄時と同様に、ファイルやリーマを用いて取り除き、ゴムとセメントで根尖孔を綿密に封鎖します。基本的な処置は、抜髄とまったく同じですが、この一連の処置を「感染根管治療」といいます。見えないところを手探りで行う治療ですので、治癒率は50%程度と考えられます。

 

ろう孔ができて、膿が外に排出されると、急速に痛みは緩和されます。上顎の骨は下顎の骨に比べてやわらかいので、比較的簡単にろう孔ができますが、下顎は歯の表面の骨(皮質骨)がとても厚い場合があり、穴が開かなくて痛みが長引く傾向があります。

 

この状態をさらに放置しておくと、歯と周囲の骨の崩壊がいっそう進行して、数年後にはまったく使い物にならなくなってしまいます。つまり歯は、虫歯の発生からおよそ10年で消滅する運命なのです。
こうならないように、早め早めの治療をこころがけていきたいですね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

虫歯の治療

虫歯は放置しておいても治ることはありません。
早めの治療で痛みも治療期間も費用も節減できます。


神経を取ってしまった後は・・・

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
前回は神経を取る治療のお話をしましたが、その後はどのような治療をするのか今回はお話していきます。

 

神経を取った歯は、残った歯質の状態と程度に応じて修復方法を選びます。レジン充填やインレ―修復を選択することもありますが、多くの場合は金属やセラミックの被せものになってしまいます。その代表的な修復方法が、「さし歯」です。歯の大部分がなくなって、歯の根っこだけが残るケースが多いからです。もともとさし歯の由来は、釘のような金属ポストに人工の歯を取りつけて、残った根っこに差し込むものでした。

 

現在では、土台部分だけ先に作って、形を整えてからプラスチックやセラミックなどでつくられた表面部分を被せて固定します。奥歯もこれと同じ方法で修復することが多く、広い意味で、神経を取った歯の修復方法として、さし歯が主流といえるでしょう。

 

さし歯の土台部分は、かなり強力なセメントで固定されていますが、トラブルが多いのも現実です。外れにくくするために、ポスト部分をできるだけ太く、長くすればいいのですが、こうすると残った根っこが割れやすくなってしまいます。割れた場所や状況にもよりますが、根っこが割れてしまうと抜歯になるケースが多く、悩ましい問題です。脱離や歯根破折以外にも、金属イオンの流失による歯ぐきの変色や、境目部分の歯が虫歯になって審美的に問題になる場合もあります。

 

最終的な被せ物は、歯型を採って技工所で精密につくられています。しかし、いくら精密につくったとはいえ、歯との境目にはかならず段差ができてしまいます。もともとプラークなどの汚れがたまりやすい場所ですので、段差の下にたまった汚れは周囲の歯ぐきに炎症を起こし、歯周病の進行も早めてしまいます。

 

泣く泣く神経を取って抜歯を免れたとしても、やはり治療には様々なリスクが伴います。こうなる前に定期的に歯医者へ行って診てもらい、健康な歯を1本でも多く残していきたいですね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

医学博士による口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。