1:院内の除菌(細菌・ウイルスを減らすこだわり)

坂戸市・鶴ヶ島にある当院は個室・半個室形態となっています。患者さんの出入り口と医療従業者の出入り口が全く別々なのです。これは患者さんのプライベートの確保と共に、人々が行き来する空間の遮断が、様々な交差感染を予防できるからです。
さらに、院内に吸気と排気の部屋を別に設け、きれいな空気だけを院内に送り込めるよう設計しています。通常の歯科医院設計は診療スペースの効率性のため、吸気と排気の部屋が機械室の中で同じ場所に位置されます。
しかし当院はあえて、歯科医師主体よりも患者様の医院環境重視に重きを置いた設計を行いました。つまり、患者さまに排気される空気と医院内に入れる吸気の機械質を別々に遠く離れた場所に設置したのです。これで、常に院内と患者様の口腔内に、清潔な空気や水しか巡回しないようになっているのです。
これら2つの医院設計をすることで医院の清潔環境が整備されます。当院は開業後7年立ちますが「開業した当初と同じくきれいですね」と言われるのは、きれいな空気を入れるだけでなく汚れた空気を循環させない排気までにこだわりがあるからです。いくらきれいに掃除しても空気は掃除できません。歯科医院の院内除菌は設計環境が大切です。

歯のこばなし
今日のお天気