気になる「口臭」の正体と徹底予防法!

口臭の原因は、朝起きた時などの生理的口臭、ニンニクやニラなど有臭食品、歯の表面や隙間に残った歯垢、むし歯や歯周病、ドライマウスなどが考えられます。

しかし最も多い原因は「舌苔」と呼ばれる舌の汚れです。
舌苔とは、口の中の剥がれ落ちた粘膜細胞や歯周病菌などの嫌気性菌(空気を嫌う菌)が舌の表面の後方中央あたりにたまった白い汚れ。
この舌苔にひそむ嫌気性菌が粘膜細胞などを分解して、揮発性硫黄化合物(VSC)などを発生させ、口臭の原因になると考えられています。

プラークも口臭の原因になりますが、いくら歯磨きを徹底しても舌苔を除去しなければ効果的な改善は見られません。
柔らかい毛を使用した舌ブラシや、舌専用ブラシを使って、毎朝1回の舌苔掃除を習慣にしましょう。

市販のマウスウォッシュはちょっと注意。香料によって口臭を除去除去した気分になるだけのものはNGです。
選ぶなら塩化亜鉛入りのものがおすすめ。
塩化亜鉛は口臭の原因であるVSCと結びつくと揮発性を失わせ、細菌の働きを抑えてVSCの発生自体を阻害する作用があるのです。

また、口臭を発生させる細菌は嫌気性炎なので、唾液が十分に出ていて口の中に酸素がたっぷりあると臭いません。
キシリトールガムを噛むなどして、日頃から唾液を増やす努力をしましょう。

なお、歯科医院では口臭測定器などを使って、口臭レベルを測定してから治療を行います。
虫歯や歯周病の予防にもなりますので、口臭に悩みを抱える人はぜひ受診してみて下さい。

予約
歯のこばなし
今日のお天気