歯周病の種類

 歯周組織に関係する疾患ですが、主に歯肉と歯槽骨にその症状が出ます。
 一般的には歯肉炎と歯周炎に分かれます。

・歯肉炎とは?
 歯肉の発赤・腫張が主症状です。歯肉の色は赤紫色~暗赤色に変化し腫張が出現して易出血性となり、スティプリングも消失します。一般的に歯槽骨の吸収はなく、歯周ポケットも仮性のものが多いです。

・歯周炎とは?
 歯肉炎の進行により、真性ポケットの形成、歯槽骨の吸収、動揺、出血、排膿、歯根露出などの症状が出現します。成人の歯周炎を慢性歯周炎(成人性歯周炎)。宿主の防御機能に異常を認め、プラーク細菌に特徴を認めるものを侵襲性歯周炎(早期発症型歯周炎)と分類しています。


・局所要因
 プラーク、歯石、食片圧入、口呼吸、不良被綴物、外傷性咬合、ブラキシズム、異常習癖
・全身要因
 栄養不良、糖尿病、内分泌異常、血液疾患、薬物


 定期的にプラークの除去をして、お口の中を清潔に保っていきましょうね!

歯のこばなし
今日のお天気