歯は口の中で生きている!

むし歯になった時、冷たい水でうがいをすると歯が「ズキン!」としみることがあります。
もっともっとひどくなると、歯が壊れ、壊れた歯の中に赤い血のようなかたまりが見えることがあります。
これはいったい何でしょう?

歯の本体である象牙質のまんなかには、神経、血管などが詰まった歯髄があります。赤く見えるのは実はこれです。
象牙質は、エナメル質の硬い鎧でおおわれている、と前回お話しました。
でも、むし歯菌の出す酸でエナメル質に穴が開くと、象牙質がむき出しになって、私たちの歯はしみるようになってしまいます。
というのも、歯の本体である象牙質は、その内側にある歯髄としっかりとつながっているからです。象牙質には象牙細管という細いトンネルが無数に開いていますが、このトンネルの中に歯髄から神経が伸びてきています。
神経は、痛みなどの感覚をキャッチするセンサー。歯髄から象牙芽細胞の間を通って象牙質の象牙細管のなかへと入り込んでいます。

歯がしみるのは、象牙質にばい菌が入ったり刺激が加わって「緊急事態だ!」というサイン。歯にいのちがある証拠です。歯も歯髄から栄養をもらって口の中で生きています。
気になったら、早めに歯科医院で診てもらい、定期的に歯科健診も受け、歯の命を大切に守りましょう!

予約
歯のこばなし
今日のお天気