むし歯がないのに痛む「知覚過敏」はなぜ起きる?

冷たいものがキーンとしみたり、歯ブラシが当たると痛んだり、自転車で走ると風がしみたり・・・
これらの症状は「知覚過敏」が疑われます。

知覚過敏の原因は、通常は歯のエナメル質に覆われている象牙質が、なんらかの理由で露出したことによります。
進行した歯周病で歯根が露出していたり、噛み合わせが悪かったり、硬い歯ブラシでゴシゴシと力任せに磨いていたりすると、エナメル質が削られて象牙質が露出しています。
象牙質は無数の象牙細管という神経の通ったミクロの穴がむき出しになっているため、象牙質が口の中にさらされることで痛みを感じます。これが知覚過敏です。

知覚過敏になったら痛みが治まるまで1~2ヵ月間は知覚過敏用の歯磨き剤を使ってみて下さい。
歯髄の知覚過敏を鈍くさせて痛みを鎮痛化させる「硝酸カリウム」が配合されているものがおすすめです。

歯ぎしりや食いしばりでエナメル質が磨耗したり、炭酸ドリンクやオレンジジュースなどの酸でエナメル質が溶けだすことも原因になるので、生活習慣の見直しも必要です。

どうしても痛みが治まらない場合は、歯科医院で露出した象牙質にお薬を塗布してもらいましょう。
プラスチックを詰めたり神経を取る場合もありますが、歯科医師と相談のうえで行って下さい。

歯のこばなし
今日のお天気