2018年5月28日

高齢者の歯科治療

高齢者.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
今回は、高齢者の歯科治療についてお話します。

高齢になるにしたがって、それまでどうにかとりつくろいながら使ってきた歯も、いよいよ限界を迎え、長時間の複雑な治療が必要となり、最終的には抜歯を迫られることになります。全身的な体力の衰えに加えて、さまざまな病気が加わって、歯の治療が困難な状況になってきます。

糖尿病は歯周病や虫歯の進行を早めますし、根の治療を行っても結果は予想以上に悪く、再発を繰り返します。骨粗しょう症などの治療に使われるビスフォスフォネート系の薬は、抜歯を行うにあたって、顎骨壊死の危険性が高まると言われています。脳血栓や心筋梗塞の再発予防に使われているワーファリンやバイアスピリンと呼ばれる抗擬固剤は、血をかたまりにくくする薬なので、抜歯や出血をともなう治療には注意が必要です。

一方、残っている歯自体にも老朽化が進み、長年の使用に耐えて健康と思われる歯にも多数の亀裂が入り、硬い物を食べたわけでもないのに簡単に割れてしまうことがあります。過去に被せた歯も、知らず知らずの間に虫歯が進み、たとえ治療し直したとしても、すぐに壊れてしまいます。

歯周病が進んでぐらつきだした歯は、次々と抜けて、そのたびに入れ歯の修理や作り直しを迫られます。入れ歯もなかなかなじまず、いく度となく調整を繰り返し、やっとなじんだころにはまた作り直すという悪循環です。こんなに苦労するののあら、思い切って総入れ歯にしたいという声も聞こえてきます。食事だけが楽しみといわれる人が多い中にあって、それすら思い通りにならないことが多いのが現実です。「若いころに、もっと歯を大切にしておけばよかった」と悔いを残さないためにも、いまからできる最善の道を選びましょう。

ちなみに、さきほどの話の中で出てきた抗凝固剤とビスフォスフォネート製剤について詳しくお話します。
ワーファリンは、ビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくする薬です。心房細動、陳旧性心筋梗塞、冠動脈バイパス手術後、人工弁置換術後、静脈血栓症などの治療や治療後の再発予防として、ワーファリンを飲んで血栓ができることを防ぎます。そのため、抜歯後の出血が止まらないので、大事に至る可能性がないのかという心配もあります。

最近の見解としては、抗凝固剤を中断する必要はなく、抜歯後の止血を十分確認するとされています。止血しにくくても目に見える場所ですので、ガーゼのようなもので強く圧迫していれば、まず止まります。

2006年11月にはビスフォスフォネート製剤の重大な副作用として「顎骨壊死・顎骨骨髄炎」が追記されました。この副作用のほとんどが静脈内投与されたもので、骨粗鬆症に対する内服治療ではきわめてまれなことですので、抜歯できないということにはなりません。大切なことは、情報を共有し、共同してリスクを乗り越えることだと思います。

お薬を飲んでいる方で、歯医者で大きな治療ができるかご心配に思われている方は、一度ご相談下さいね。

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。

2018年5月21日

胎児にもっとも影響を与えるものとは・・・

胎児t.jpeg
こんにちは!ブログ担当の佐藤です。
今回は、妊娠中の治療について詳しくお話していきます。

普段から歯のケアにつとめ、妊娠中は複雑な治療を受けない方がよいことはわかっていると思いますが、現実に歯のトラブルを抱えている場合には、安定期を中心に積極的な治療をしておくべきだという意見もあります。安定期だからとって、薬などの影響がないとはいいきれないのですが、痛みや不安を抱えたままでは、そのストレスが胎児や出産に悪影響をおよぼす可能性があります。また、出産後も育児に追われて、歯の治療どころではないうえに、授乳に対する不安もあります。

局部麻酔や歯のレントゲンは、胎児に影響しないと考えていいでしょう。薬剤に関しては、どんなものでもおそらく100%安全といいきれるものはありません。薬剤は、治療のためとはいえ、人体になんらかの影響を与えることこそが目的であり、まったく安全ということは、まったく効かないという意味かもしれません。妊娠中に使うことのできる抗生物質として、セフェム系、ペニシリン系が比較的安全な薬です

抗生物質は、乳児の血中には認められないくらいの量ですが、母乳中に移行します。したがって、服用は授乳直後が原則です。これらの薬剤は、治療の有益性が副作用などのリスクを上回ると判断されたうえで投与されるものです。できるだけ安全性の高いものを選択し、長期の連用は避け、必要なものを最低限にとどめることを原則としてください。

不妊治療中についても、考え方は同じです。スケジュールがわかっているだけに、歯科治療の計画も立てやすいと思います。しかし、不妊治療をお考えの場合は、治療を始める前に複雑な歯科治療をすませておく方が無難です。

すべての条件を同じにした2000例の女性を対象として検査では、出産を楽しみにしている母親は、そうでない母親と比較して、出産時、それ以降においても、肉体的・精神的にはるかに健康な出産をするという報告もあります。

ひと昔前なら、直前まで野良仕事をして出産にのぞんだものです。自然の放射線や紫外線を浴びて生まれた子どもこそが健全とまではいえませんが、直射日光のもとで、買い物をしたり立ち話をしたりと、出産を楽しみに自然な生活を送ることが大切です。過剰な心配をしてストレスをためるよりは、歯科治療もふだんの生活の一部と考えて、平常心でのぞんでください。

妊娠中や授乳中、あるいは出産を考えている場合、あらかじめ歯科医に告げて、不安に思うことについて十分話し合ってください。治療の必要性や優先順位を考えて、納得した治療を受けることが最善だと思います。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

関連ページ

小児歯科

歯と顎の成長を踏まえた上の予防でお口の中のトラブルを未然に防ぎます。
託児所も完備なのでご家族でご安心して通える環境です。

2018年5月14日

妊娠中の歯の治療

妊娠.jpeg
こんにちは!ブログ担当の佐藤です。

妊娠中に虫歯になってしまうのは、つわりのために歯みがきが行き届かないということもあるようです。また、妊娠によって嗜好が変わり、甘いものが好きになるとか、歯のカルシウムが取られて虫歯になりやすいとも言われています。体力の低下やホルモンバランスの変化によっては、歯ぐきからの出血が増えたり、歯周病の進行が早くなる傾向もあるようです。

しかし、25~35歳というふつう妊娠する年齢を考えてみると、女性にかぎらず、必然的にいろいろな症状が表面化する時期でもあります。10歳前後に生えた新しい永久歯も、目立たない虫歯ができていれば、歯の神経まで到達する時期かもしれません。20歳ころに治療した大きな虫歯も、そろそろ使用期限切れになったり、遅れて生えて来た親知らずが症状を現すのも、このころです。一方、15歳ころに成長が止まった歯も、歯ぐきの中にたまった歯石による炎症が歯を支える骨に到達して、明らかな歯槽骨破壊が確認できる時期ともいえます。

妊娠中に治療を受けるのは、胎児への影響が心配になりますから、少なくとも妊娠を考えているときには、歯の治療も完了しておくといいですね。いちばんいいのは、子どものころから習慣的に検診と歯ぐきの中のプラークコントロールを実践して、最小限の虫歯治療で健康な歯と歯茎を維持しておけば、まったく心配はなくなるでしょう。

でも、妊娠後に虫歯や歯周病になった場合は仕方ありません。悪くならないうちに、早めに一度診てもらうといいでしょう。歯の治療は、薬などの影響の少ない妊娠4カ月から9カ月の間におすすめしていますが、必要に迫られた場合は、妊娠初期でも、妊娠前でも治療してさしつかえないものと考えてください。

人間の胎児は約10カ月間、お母さんのおなかの中で成長します。この中で妊娠初期は、各器官(目や鼻など)のもとになる部分が形成される重要な時期です。この時期はX線に対する感受性が高いので、X線を浴びるお障害を起こしやすくなります。したがって、X線検査をするときは、できれば妊娠12週以降に行うのが望ましいといえます。

レントゲンなどの放射線でいちばん影響が出るのは、妊娠6週~12週の時期です。排卵から着床、予定生理日あたりでのレントゲンはあまり影響ないといわれています。鉛の入った防護エプロンをつければ、たとえ12週以前でも胎児に障害を起こすようなことはないとされていますので、必要に迫られた緊急の場合にかぎってやむをえない処置だと思います。

通常、歯科で使うデンタルレントゲン写真(2×3㎝くらいの写真)は、撮影によって受ける線量はきわめて低く、10枚撮ったとしても、胸のレントゲン写真を撮ったときの13分の1と報告されています。太陽光線による放射線の量に比べても、軽微だといわれています。しかし、レントゲン写真を撮るような複雑な治療はできるだけ避けるよう、ふだんからしっかりケアしておきましょう。特にお腹が大きくなってからは、診察台に座るのも大変で、治療中は負担もかかります。

当院では「マタニティ歯科」も行っており、妊娠中の方の歯科治療の相談や治療も行っております。実際に妊娠中の方も多く受診されており、安心して治療を受けていただいていますので、「妊娠中だけど虫歯ができてしまった」「歯が痛い」という方はぜひ一度ご相談ください。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~


関連ページ

虫歯の治療

虫歯は放置しておいても治ることはありません。
早めの治療で痛みも治療期間も費用も節減できます。

2018年5月 7日

親知らずの抜歯をするか?しないか?

レントゲンt.jpeg
こんにちは!ブログ担当の佐藤です。
今回は、親知らずの抜歯についてもう少しお話します。

親知らずは、必ず抜歯しなければならないというわけではありません。決められた場所にきちんとうまく生えて、ほかの歯と同じように歯としての機能をもっている場合、あるいは骨の中に完全に埋伏した状態で、炎症を起こしたり、障害を起こしたり
していない場合は、抜く必要はないでしょう。しかし、生え方が悪く炎症を起こしている場合や、上の親知らずだけが生えて下の歯がなく、かみ合わせの相手がいない場合も、抜いてしまったほうがよいでしょう。抜歯にあたっては、痛みやしびれなどの後遺症を起こすリスクもありますが、抜かないことによるリスクも間げ手決めることが必要です。

歯を抜きたくない気持ちは誰でも同じです。だからといって、抜くべきでない歯をそのまま放置しておくことは危険です。特に解剖学的な位置関係から、後遺症を起こす可能性のある親知らずは、なおさらです。抜歯してしびれが残るというのも、想像以上に親知らずと下顎神経との間に距離がないことを意味します。このような親知らずを放置すると、親知らずの周囲の炎症は、簡単に神経に到達してしまう可能性が高いと考えられます。

抜歯によるしびれは、抜歯時の外傷による神経の損傷ですから、多少長引いたとしても治癒する可能性はあります。ところが、炎症が波及してのしびれでは、神経自体に変質が起こって、生涯回復しない可能性もあります。また、炎症や虫歯による破壊は、自然に回復する見込みがないので、周囲の歯に強く影響をおよぼしながら、将来もっと抜きにくい状態になって、抜歯を迫られることになってしまいます。

ここからは余談ですが、抜歯後の注意事項と「ドライソケット」というものについてお話します。
通常の抜歯は、麻酔が切れたときに痛みますが、その後は次第に痛みが弱くなっていきます。その痛みとは別に、2~3日後くらいから次第に強くなっていく痛みがあります。通常、抜歯後の傷は血餅(血液がゼリー状になったもの)でふさがれますが、過剰なうがいなどにより、血餅が十分に形成されなかったり脱落してしまうと、骨が直接口腔内に露出してしまいます。唾液に直接さらされた骨は、ときとして炎症を起こしてしまいます。

痛みは、通常2~3週間ほど続きます。これが「ドライソケット」と呼ばれる症状です。この治療には、もう一度麻酔をして、骨をガリガリ削って出血させて血餅をつくるのがふつうですが、誰もが嫌がるうえに、結果も思わしくないケースが多いようです。それよりも、抗生物質軟膏を直接注入したほうが、結果もよい場合があります。

抜歯後は、ジワジワとした出血があり気になるという方もいらっしゃると思いますが、そこでうがいをたくさんしてしまうと出血も止まりづらくなる上に、「ドライソケット」という状態になってしまいます。抜歯後は、うがいをしないように気を付けて下さいね!


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~


2018年5月 1日

親知らずの抜歯は痛くなる前に・・・

痛い.jpeg
こんにちは!ブログ担当の佐藤です。
今回は、親知らずの抜歯についてお話します。

「親知らずの抜歯は痛い」という先入観が定着しているように思います。「以前、麻酔した時はよく効いたのに、今回はなかなか効かない」という経験をされた人は多いと思います。同じ人でも、そのときの条件によって、麻酔が効きにくいことがあります。これは、痛みが強かったり、腫れているなど急性の炎症がある場合は、麻酔が効きにくいという傾向があるからです。しかも、「はれものにさわる」よう治療する状況なので、針を刺す麻酔そのものも通常の数倍の痛みに感じてしまいます。

痛みに耐えられず抜歯を決断するケースが多いことは、やむをえないのかもしれませんが、その場合でも膿をだす、抗生物質を飲むなどの緊急処置を行って、炎症の始まった数日後に抜くようにすれば、抜歯後の痛みは軽減します。抜くべき親知らずがある場合には、できることなら前もって痛みのない時期を選び、余裕を持って抜くことをおすすめします。特に女性の方は、妊娠や授乳時期を避けて、できるだけ早めに対処しておくべきでしょう。

痛みのない時期であれば、正常に生えた親知らずは、簡単に抜くことができます。特に上の親知らずは、全抜歯中もっとも簡単で痛みのない抜歯となるケースがほとんどです。歯の方向や埋伏状態によって、下の親知らず以上に時間がかかることもありますが、非常にまれなケースですので、適度に心配する必要はありません。

親知らずの抜歯でいちばん問題になるのは、下顎水平埋伏智歯の抜歯です。この場合は歯ぐきを切り、周囲の骨を削って抜きますので、時間がかかって痛むうえに、はれやすく、しかもアメ玉をしゃぶったみたいに目立ちやすいのが特徴です。はれものにさわれば、痛いのはあたりまえです。痛がる人ほど、よほど痛くならないと歯医者に行かない傾向があるので、いよいよ痛みに耐えかねて治療を決断しても、悪夢がよみがえるだけです。

さらに、すぐそばを通る神経を損傷するリスクがあり、抜歯後にしびれが残ることもあります。下顎水平埋伏智歯ですと、解剖学的に下顎神経と非常に近く、ときとして交差していることもありますので、まれに抜歯後のしびれが唇の周囲に残ることがあります。いったんしびれが残ると、その治癒は非常に遅く、数カ月から数年かかることもあります。これは親知らずを抜くにあたってやむをえないリスクと考えられています。

これだけ聞くと不安に感じる方も多いと思いますが、当院では歯科用CTを用いて精密な検査を行うことができます。口腔外科出身で医学博士の院長がしっかりと診断をし、「大学病院で抜いて下さい」と言われたという親知らずも当院で抜けるケースがとても多いです。しかも、非常にスピーディーに痛みなく抜け、術後も大きな腫れもなくしびれなども出なかったとおっしゃる患者さんがほとんどです。

親知らずの抜歯を検討されている方は、早めにぜひ当院にご相談ください!


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科
お知らせ
お知らせ一覧を見る

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気