親知らずの抜歯は痛くなる前に・・・

痛い.jpeg
こんにちは!ブログ担当の佐藤です。
今回は、親知らずの抜歯についてお話します。

「親知らずの抜歯は痛い」という先入観が定着しているように思います。「以前、麻酔した時はよく効いたのに、今回はなかなか効かない」という経験をされた人は多いと思います。同じ人でも、そのときの条件によって、麻酔が効きにくいことがあります。これは、痛みが強かったり、腫れているなど急性の炎症がある場合は、麻酔が効きにくいという傾向があるからです。しかも、「はれものにさわる」よう治療する状況なので、針を刺す麻酔そのものも通常の数倍の痛みに感じてしまいます。

痛みに耐えられず抜歯を決断するケースが多いことは、やむをえないのかもしれませんが、その場合でも膿をだす、抗生物質を飲むなどの緊急処置を行って、炎症の始まった数日後に抜くようにすれば、抜歯後の痛みは軽減します。抜くべき親知らずがある場合には、できることなら前もって痛みのない時期を選び、余裕を持って抜くことをおすすめします。特に女性の方は、妊娠や授乳時期を避けて、できるだけ早めに対処しておくべきでしょう。

痛みのない時期であれば、正常に生えた親知らずは、簡単に抜くことができます。特に上の親知らずは、全抜歯中もっとも簡単で痛みのない抜歯となるケースがほとんどです。歯の方向や埋伏状態によって、下の親知らず以上に時間がかかることもありますが、非常にまれなケースですので、適度に心配する必要はありません。

親知らずの抜歯でいちばん問題になるのは、下顎水平埋伏智歯の抜歯です。この場合は歯ぐきを切り、周囲の骨を削って抜きますので、時間がかかって痛むうえに、はれやすく、しかもアメ玉をしゃぶったみたいに目立ちやすいのが特徴です。はれものにさわれば、痛いのはあたりまえです。痛がる人ほど、よほど痛くならないと歯医者に行かない傾向があるので、いよいよ痛みに耐えかねて治療を決断しても、悪夢がよみがえるだけです。

さらに、すぐそばを通る神経を損傷するリスクがあり、抜歯後にしびれが残ることもあります。下顎水平埋伏智歯ですと、解剖学的に下顎神経と非常に近く、ときとして交差していることもありますので、まれに抜歯後のしびれが唇の周囲に残ることがあります。いったんしびれが残ると、その治癒は非常に遅く、数カ月から数年かかることもあります。これは親知らずを抜くにあたってやむをえないリスクと考えられています。

これだけ聞くと不安に感じる方も多いと思いますが、当院では歯科用CTを用いて精密な検査を行うことができます。口腔外科出身で医学博士の院長がしっかりと診断をし、「大学病院で抜いて下さい」と言われたという親知らずも当院で抜けるケースがとても多いです。しかも、非常にスピーディーに痛みなく抜け、術後も大きな腫れもなくしびれなども出なかったとおっしゃる患者さんがほとんどです。

親知らずの抜歯を検討されている方は、早めにぜひ当院にご相談ください!


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気