2018年7月17日

象牙質まで進むと一気に広がる大虫歯

大虫歯.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。

歯みがき習慣の定着した現在では、さすがに「口の中全体が虫歯」という人はほとんどいなくなりました。同時に、歯のみがきやすい平面の虫歯も少なくなっています。しかし、汚れのたまりやすい、かみ合わせ部分の溝、歯と歯ぐきとの境目、歯と歯の境目には、まだまだ多くの虫歯が発生しています。この中で特に重要な虫歯は、発見と治療の難しい臼歯部隣接面の虫歯です。

象牙質に到達した虫歯は、閉鎖された空間で急速に象牙質を侵略していきます。侵略された象牙質は、豆腐のようにやわらかくなってしまいます。一方、表面のエナメル質はほとんど無傷で残るため、中の空洞の存在を見つけ出すことは困難です。中が透けて少し黒く見える程度の虫歯でも、奥歯だとインレーになってしまいます。それ以下の虫歯は、レントゲンやレーザー式の探知機でさえ見落としてしまいます。

歯と歯の間の汚れを取りながら、じっくり見つめて初めて見つかる虫歯もあります。この程度ですと、奥歯でも多くの場合レジン充填ですむ可能性があります。いずれにしても、早期発見を常に心がけておかないと、80年の歳月をすこやかにすごすことができないのです。

中の象牙質が完全に侵略された後も、強固なエナメル質に守られてタマゴの殻みたいになった歯も。かみ合わせの力によって徐々にひびが入ってきあmす。最後は、何かの拍子に大崩壊を起こします。「ある日、突然大虫歯の発見!」と新聞見出しのような大事件が、"青天の霹靂"のごとく襲ってきます。こうなってしまうと、多くの場合、歯の神経を取ることになってしまいます。

神経に到達したむ虫歯は、かならずしもすぐに痛みを感じるよはかぎりません。「そういえば、半年前にちょっとしみたかな・・・」という程度のこともあって、気が付いたときには、すでに神経が腐っていたということもあります。

自分では「大丈夫かな」と思っていても、知らない間に虫歯はどんどん進んでいるかもしれません。少しでも心配になった時は、すぐに歯科医院に行きましょう。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~


2018年7月 9日

一度治療した部分がまた虫歯に!?二次カリエスとは?

二次カリエス.jpg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
みなさんは、一度治した歯なのにまた同じところが虫歯になってしまった・・・という経験はありませんか?

インレーに限らず詰めたり被せたりした修復物は、いつか必ずトラブルが発生します。セメント層が破壊されるだけではなく、接している歯の部分が破折してすき間ができることもあります。すき間ができれば虫歯は急速に進みます。また、精密につくられたようでも、接合部分には微妙な段差がありますので、汚れがたまって虫歯になることもあります。これらを「二次カリエス」(カリエスは虫歯の意)といいます。

かみ合わせ部分ですと、食べ物が引っかかるとか、舌でさわって異変を感じることもあります。歯茎周辺だと、出血しやすい、歯茎がはれたなどの症状が見られることもあります。通常は、この違和感に気がつかないまま放置してしまい、歯が痛み出すか、詰め物が外れて、歯医者に駆け込んだときには神経を取ることになってしまいます。

歯の神経を取ってしまうと、歯の寿命を一気に縮めてしまいますので、治療後10年を目安に再治療を検討すべきです。適切に再治療を繰り返せば、神経を取る時期を30年以上先延ばしすることができるのです。

しっかりと装着されたインレーは、虫歯の進行を強力に阻止してくれますが、セメント質の崩壊や、破折によって一部にすき間ができると、わずか数ヶ月もすると歯の神経をおびやかす虫歯に成長してしまいます。詰め物の周囲が黒く透けて見える場合は、早めに治療し治すよう心がけましょう。

歯茎の境目に虫歯があると、そこに汚れがたまって歯茎が炎症を起こします。出血や知覚過敏などがおもな症状ですが、それを歯が痛いと勘違いするときもあります。二次カリエスの場合は、特に見つけ出すことが難しいので、注意が必要です。
定期的に歯医者で検診をして、早めに悪いところを見つけられるようにしましょう!


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~


2018年7月 2日

虫歯が大きくなってしまった時の治療方法

銀歯.jpg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
今回は、少し虫歯が進んでしまった時の治療方法のお話です。

虫歯が大きくなってしまったら、その虫歯の大きさによって、詰めもの(インレー)、被せ物(オンレー、クラウン)で処置します。奥歯と奥歯の間に虫歯ができてしまった場合は、インレー修復が多く用いられます。虫歯が大きくなり、厚みがなくなると、残った歯に負担がかかり、ひどくなると歯が割れてしまうこともあります。それを防ぐために、上の部分はすっぽり被せて、側面の厚みのある部分は残すオンレーというものがあり、インレーよりも大きい虫歯に適しています。
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。

インレーやオンレーの治療には、最低2回の治療が必要です。それは、インレーやオンレーが技工所で作られるからです。虫歯の部分を削って、インレーやオンレーが入りやすい形に整えます。この段階で、歯型をとり、その型をもとに技工所で精密につくられます。次の診療時にかみ合わせを調整して、インレーやオンレーが歯につけられます。

奥歯はたいていの場合、強い圧力がかかります。ですから、インレーやオンレー、クラウンの素材は、その圧力に耐えることができないといけません。そのため、保険診療では歯科用合金(金・銀・パラジウム合金)を使います。これが、世の中でいう「銀歯」です。体にも安全で、金属のように目立たず、虫歯治療をしたこともわからないほど自然な歯の色に仕上がるセラミックやハイブリッドレジンを用いた修復方法もありますが、保険適応外ですので、高額になってしまいます。また、強いかみ合わせの力によって、破折しやすいという弱点もあります。

一方、金属インレーの場合は破折することはまず考えられませんが、側面のセメント層が破壊されてすき間があいてしまうことがあります。それらをいち早く見つけ出して処理しないと、虫歯が急速に進みます。

日本では、保険適用の金属インレーが、安価で強度的にもすぐれているため、一般的です。インレーは、装着時に上からはめ込む関係で、かなり大量の健康な歯質を削らなければなりません。症例によっては、かみ合わせの部分から必要最小限の穴を開けて虫歯を取り、そこからレジンで穴をふさぐこともあります。
一方の歯に虫歯があるということは、そこに接している隣の歯にも必ずといっていいほど虫歯があります。不幸にして1本の歯がインレーなどになった場合、隣の歯の虫歯をレジン充填しておくとよいでしょう。

虫歯は、可能な限りレジン充填で治療するようにしていますが、虫歯の深さや位置などで金属のつめものになる場合があります。どのような治療方法になるかは、お気軽にご相談ください!


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~


予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科
お知らせ
お知らせ一覧を見る

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気