歯の神経を取る治療とは

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

歯の神経を取る治療とは

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
みなさんは、虫歯が進行していってしまうとどのような治療をしなければいけないかご存じですか?

 

虫歯が進行すると、歯の神経に炎症を起こして強くしみたり、ズキズキと痛みだしたりします。歯の神経は、根の先端にある「根尖孔」と呼ばれる細い管を通って供給されるわずかな血流によって生活しています。そのため、神経の一部に炎症が起こると、回復することが困難になります。そこで歯の神経を取ってでも、歯の機能維持しようとする処置が「抜髄」です。

 

虫歯部分を削り取って、神経を露出させたのち、ファイルやリーマーと呼ばれる細い針のような器具を使って、神経や血管など取り除きます。細い針から順番に、神経の通っていた管(根管)を拡大(根管拡大)しながら残留物を除去(根管形成)していきます。小さな処置とはいえ、歯の周りの組織にとっては大きなダメージを受ける手術です。当然、その切断面付近には手術後特有の炎症が起こることになり、一時的でも痛みが残ることになります。

 

神経は1本や2本だけではなく、歯によっては3本・4本入っているものもあります。そのうえ、根の先の部分は複雑に枝分かれしています。このような複雑な部分を、レントゲン写真と手指の感覚で治療しています。

 

根管内の神経や血管を取り除いたあとに、そのまま被せてしまうと、その空洞に根尖孔から血流や体液が滲み込んで貯留し、再び腐敗してしまいます。それを防ぐために、空洞となった根管をゴム(ガッタパーチャー)とセメント(シーラー)で根充(根管充填)して、根尖孔を綿密に封鎖します。この一連の治療を「抜髄治療」といいます。

 

この一連の処置を完璧にこなすことは、容易なことではありません。特に小学生時代の生えて間もない歯は、頭の部分は完成していても根の部分が未完成なこともあり、根尖部の閉鎖が不完全になってしまいます。反対に根管の細くなった高齢者では、リーマーなどの器具が挿入できないこともあります。治療しやすい若い人の歯でも、歯の根が曲がって器具の挿入が不可能な場合があります。

 

無理に治療してしようとして、器具が破折したり、誤った方向に穴をあけてしまったりすることもあります。それ自体は封鎖すれば問題はないのですが、一度誤った方向に道筋がついてしまうと、正しい方向に器具を挿入することが難しくなってしまいます。

 

腐敗物が根管内に残留しても、管が細い水道管にまれにさびがたまって閉鎖してしまうように、石灰沈着や第二象牙質の成長により、自然閉鎖することもあります。しかし多くの場合は、その量に比例したように根尖部分に炎症が起こってきます。

 

「神経を取る」ということは、神経のみならず歯への栄養補を司る血管も取ってしまうことです。抜髄した歯は、木でいれば枯れる木です。5年もすると、歯の色は変色してしまいます。多くの歯質が失われていますし、栄養分の供給が止まった象牙質では、水分とコラーゲンなどの有機質が枯れて、もろくなってしまいます。こうして、抜髄時のトラブルを免れた歯も、やがては寿命を迎えることになるのです。

 

抜髄は通常、局所麻酔を使って行います。炎症が激しく、麻酔がまったく効かないときには、かつて「亜ヒ酸」を虫歯部分に塗って神経を殺してから治療することもありました。ただし効きすぎると、根の先端部分の骨まで腐らせてしまうこともありました。亜ヒ酸の毒性は全身的にも危険ですので、現在ではほとんど使われていません。

 

神経を取った歯は二度と痛まず、銀歯を被せれば二度と虫歯にもならず、永遠の命を得た如く、生涯使えると思っている方ももしかしたらいるかもしれません。”生涯”は大げさにしても、20~30年は使えると思っている人は多いのではないでしょうか。現に、身近なところに「30年前に神経を取って被せた歯」を見つけることができます。腕のよい歯医者なら、20~30年は使えるように治してくれると誤解されているようです。

 

抜髄治療のなかったひと昔前ならもちろんのこと、いまでもそのような処置の受けられない発展途上国では、抜歯されています。それが技術の進歩によって、平均10年ほど延命できるようになったのです。
虫歯を放っておいて神経を取ることになり、歯の寿命が短くなってしまった…ということにならないよう気を付けていきましょう!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

医学博士による口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。

関連する記事

  • 抜歯後の治癒について2018年8月6日 抜歯後の治癒について こんにちは!プラザ若葉歯科の佐藤です。 今日は、どうしても歯を残せず抜歯になってしまった時のお話をさせていただきます。 […]
  • 親知らずの抜歯をするか?しないか?2018年5月7日 親知らずの抜歯をするか?しないか? こんにちは!ブログ担当の佐藤です。 今回は、親知らずの抜歯についてもう少しお話します。   親知らずは、必ず […]
  • 菌と生態系のバランス2017年12月26日 菌と生態系のバランス   こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当佐藤です。 今日は、私たちの体の中の菌のバランスについてお話します。 […]