よりどりみどりの電動歯ブラシ

電動歯ブラシ.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。

みなさんは、電動歯ブラシって使ったことがありますか??

電動歯ブラシは、1960年代前半に手用ハブラシを十分に使いこなせない子どもや高齢者、身体に障害のある人向けに開発されました。当初は歯科医院や一部の健康コーナーでしか買うことができませんでしたが、最近では種類も増えて、派手な宣伝とともに家電量販店などにも置かれ、誰でも自由に購入できます。電動歯ブラシの利点は、プラークを取るのに個人差が少ないこと、歯にあてているだけ磨けることです。

電動歯ブラシは、ブラシヘッドの形や作動状態もさまざまです。出始めの頃は、前後に運動するタイプが主流でしたが、徐々に回転運動するタイプが増えています。現在は、コンビニで買える電池式で携帯タイプの低価格のものから、音波、水流といったハイテクで高価格のものまで、いろいろなタイプがあります。

一般的な電動歯ブラシのヘッド振動数は、毎分3万~4万回振動します。この振動が音波を生み出して、ブラシが接していない周囲2~3ミリの部分まで流れ、汚れを落とすことができるといわれています。さらに、歯ブラシのヘッド部分に超音波発生装置を内蔵したのが「超音波電動歯ブラシ」で、振動エネルギーが歯の表面とプラークの結合をゆるめ、はがしやすくするとされています。反面、振動は1万7000回、振動幅は0.2ミリと小さく、ブラシの先はほとんど振動しないので、プラークそのものを除去するには、ブラシの毛先を動かす必要があります。超音波歯ブラシは、手用ハブラシあるいは電動歯ブラシに超音波発生装置を組み込んだものといえるでしょう。音波歯ブラシと比べて、プラークを機械的に除去する力は劣るといえます。

一方、歯周ポケットや歯と歯のすき間など、歯ブラシでは届きにくい小さなすき間汚れを、強力な水圧を使って清掃するのが、「ジェットウォッシャー」や「ウォーターピック」と呼ばれる商品です。歯ブラシでは落とせない汚れを、強力な水圧の脈動ジェット水流が歯と歯の間や歯と歯ぐきの間の歯垢やカスをしっかり洗浄します。歯周ポケットや歯間などの、歯ブラシでは届きにくい小さなすき間の清掃に、威力を発揮するのです。

このように、歯ブラシは手用のものの他にもさまざまな種類があります。用途やお好みに合わせて、自分に合ったものを選んでみましょう!!

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気