プラザ若葉歯科|歯のこばなし

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

記事掲載のお知らせ

プラザ若葉歯科の院長が監修した記事が、Smile Teethの歯科コラムに掲載されました。
→「矯正後の後戻りを確実に防ごう|後戻りしたときの対処法も紹介

皆さま、ぜひご一読ください!


《年齢別》歯磨きを嫌がる子どもが楽しく磨く方法

鶴ヶ島の歯科・歯磨き嫌いの子どもが楽しく磨く方法

子育て中のお母さんお父さんから、数多く挙げられる悩みの中に「子どもの歯磨き」があります。
「子どもの大切な歯を守るのは、親の役目」「幼いうちからの歯磨き習慣が大切」
そんな言葉が聞こえてくるけれど、嫌がられてうまくいかない…。嫌がる子どもにイライラ、ため息。「むし歯になってもいいの!?」とつい怒ってしまうけれど、むし歯未経験である子どもには通用しません。

無理やり歯を磨く→さらに嫌になって拒否される→イライラしてまた怒る、という悪循環に陥っていませんか?「子どものために…」という一心なのに、悲しくなってしまいますよね。

今回は子どもが歯磨きを嫌がる原因を知って、できることは取り除き、年齢別の楽しく歯磨きできる方法をお伝えします。毎日の歯磨きがつらい習慣ではなく、楽しい、褒められて嬉しい時間に変わっていく参考になれば、私たちも嬉しいです!

 

1.子どもが歯磨きを嫌がる4つの理由

鶴ヶ島市の歯医者・子どもの歯磨き

(1)痛い

上唇をめくった時に見える歯ぐきと上唇をつなぐすじ(ヒダ)を上唇小帯といいます。
この部分に歯ブラシが当たったり、すじが伸びるように上唇を引っ張ったりすると、とても痛いです。お子さんによっては上唇を持ち上げるだけで痛がる子もいます。また、歯ぐきに強く歯ブラシが当たった時などの痛かった経験から嫌なイメージがついてしまうお子さんもいます。

すじの部分を指の腹で優しく押さえるようにして、歯ブラシが当たらないように磨いてあげると痛くないので、実践してみてください。

(2)怖い

仕上げ磨きをするときに押さえつけると、子どもは怖いと感じます。とはいえ、動いてしまったら危険なので押さえざるを得ないですよね。歯磨きに応じてくれるようになれば、自然と押さえる必要がなくなり、お子さんの怖さを取り除ける上に、大人も無理強いするつらさを取り除けます。こうなれば理想の循環です。

そのためにまずは、なるべく険しい顔をせずに(できれば笑顔で)磨いてあげてください。「むし歯にならないように」という思いから真剣になり、お子さんの視点から見上げると、上からのぞき込む大人の表情が怖く感じてしまいやすいからです。
幼い頃は特に、見た目が与える印象は大きいので、歯磨きのイメージを悪くしないために意識してみてください。

(3)気持ち悪い

まだ言葉で気持ちを表現できないうちは、「歯磨きを嫌がる」という方法でお子さんは懸命に気持ちを伝えようとします。「チクチクする」「痛い」「口の中に物が入ると気持ち悪い」「奥歯を磨くとオエっとなりやすい」など、上手に伝えられない気持ちを訴えようとしている可能性があります。

口腔感覚が過敏なお子さんもいるので(1)も参考にしながら、どこを嫌がるのかよく観察して、その部分は無理してすべて磨こうとせず、少しできたら褒めて小分けに行うのも良いかもしれません。

(4)つまらない

仕上げ磨き中は、動くことも遊ぶこともしゃべることもできず、実に退屈です。お気に入りの歌を歌ってあげて、1曲歌い切ったら歯磨きおしまい、など退屈さを紛らわせるとお子さんも時間が短く感じます。好みや年齢などによって紛らわせる方法は変わるので、2の『【年齢別】歯磨きが楽しくなる方法』を参考にしてみてください。

 

☑気を付けるポイント

・上唇を無理に引っ張らない
・上唇と歯ぐきをつなぐすじを指の腹でガードし、歯ブラシが当たらないように、優しく細かく磨く
・仕上げ磨きは笑顔で!見た目から、怖くない雰囲気を作ろう
・「嫌がる」のは言葉の代わりの意思表示。嫌がる刺激を取り除こう
・仕上げ磨き中の退屈を紛らわそう

 

2.【年齢別】歯磨きが楽しくなる方法

(1)0歳

鶴ヶ島の歯医者・乳歯のむし歯予防

歯磨きに慣れることが目的

この時期に1番大切なのは『歯磨きを嫌いにさせない』こと。

生えそろった頃にいきなり歯ブラシを使うと、その後嫌がる原因になりやすいでしょう。赤ちゃんにとって歯ブラシは異物ですから、驚くのも拒否するのも無理はありません。
本格的な歯磨きが始まる頃までに、ガーゼで口内を優しく拭き取ったり、清潔な指でほっぺたやあご、お口の周りや中、生え始めの歯を触ったり、歯磨きに慣れるための準備期間にしてください。

 

(2)1~2歳

鶴ヶ島市の歯医者・子どものむし歯予防

歯磨きのテーマソングで「終わり」を示す

「終わり」がわかることで、歯磨きを受け入れられる子も多くいます。「いつまで続くのかわからない」不安や苦痛は、大人でも辛いものですよね。その子がよく知っている歌だと、幼い子でもいつ終わるのかわかりやすいです。お気に入りの歌を歌ってもらえるのは嬉しいので、「歯磨き=大好きな歌を歌ってもらえる時間」となればさらに最高です。大人も短時間で終わらせようとする目安になります。

ここで気を付けてほしいのは、長すぎない曲を選ぶことです。

 

日常のスキンシップで「触られること」に慣れる

お口周りやお口の中はとっても敏感。歯磨きの時だけ急に触られると、慣れない刺激で驚いてしまいます。普段からスキンシップをたくさんとって、顔や口元に触れておくと良いでしょう。仕上げ磨きの体勢にも遊びを通して慣れておくと効果的です。

どんなスキンシップ遊びがあるかわからない時は、YouTubeで検索してみるのもオススメです。大変な時は抱え込まず、いろいろなものに頼って助けてもらいましょう!

 

(3)3~5歳

鶴ヶ島市の歯科・子どもの歯磨き

いつもと交代!仕上げ磨き体験

お話ができるようになってきたら、お子さんと役割を交代してみましょう。お子さんにお父さんお母さんの仕上げ磨きを頼んだり、ぬいぐるみの歯を磨いてもらったり。
「お姉さん(お兄さん)になった!」という嬉しい気持ちが芽生えて、歯磨き自体がポジティブな印象になることが目的です。

お父さんお母さんが楽しそうに仕上げ磨きをしてもらうのも、歯磨きの「怖い」印象を払拭する良い方法です。「バイ菌たおしてくれてありがとう」「お口のお掃除名人だね!」など褒めてあげることも、できればやってみてください。

 

手鏡を使ってお口の中を探検

大人の話が理解できるようになってきたら、手鏡をお子さんに持たせながら磨くのもオススメです。お口の中に興味を持ったり、「ここにバイ菌がいるからやっつけるよ」「次は上の歯をパトロールするよ~!」など、実況中継することで退屈さを紛らわせたりすると、楽しく協力してくれるお子さんもいます。
どこを磨くか予告して目で確認できることが、感覚の敏感なお子さんに有効な場合もあります。

 

「これがいい!」お気に入りの歯磨きグッズを自分で選ぶ

好きな色やキャラクターの歯ブラシを選ぶのも良いでしょう。欲しいものの意思表示ができるようになったら、お子さん自身が選ぶことがいいですね。何でも「自分で!」にこだわりたいお年頃。自分で決めることで歯磨きがスムーズになる場合も多いです。

好きなキャラクターの歯ブラシが売っていない時は、持ち手にシールを貼るなどお気に入りにカスタマイズするのも1つの方法です。「早く使いたい!」と楽しみになると良いですね。

 

クリニカのHPで、楽しく親子で歯磨きができるムービーや磨き方のポイントなどが載っています。
困った時はうまくいかない方法を繰り返さず、いろいろなところからアイディアをもらって試してみることが、親にとっても子どもにとってもリフレッシュになるかもしれませんね。

 

3.歯磨き嫌いな子どもに歯医者でできること

鶴ヶ島の歯科・子どもの定期健診

お気に入りグッズでやる気アップ

歯科医院では、子ども用の歯磨きグッズを取り扱っているところも多数あります。当院でも、フルーツのフレーバーの子ども用ハミガキ粉やむし歯を防ぐキシリトールのチョコなどを販売しています。
市販の歯ブラシや歯磨き粉は種類も多く、どれが良いか判断に迷ったり、「甘いハミガキ粉って大丈夫なの…?」と不安に思ったりすることはありませんか?歯医者さんへ行った際に、相談してみると良いと思います。

 

定期健診でむし歯予防

当院では、歯が生えてきたら6ヶ月の赤ちゃんから受診可能です。→「子どもの歯の治療」
また、嫌がるお子さんを抑制していきなり治療することはせず、少しずつ慣れていくようにしています。そうすることで、ほとんどのお子さんが治療を受けられるようになっていきます。

お子さんの予防歯科には、フッ素塗布やフッ素固定(シーラント)などが有効です。
褒め上手で優しい歯科衛生士さんたちが、お子さんを励ましながらお口の中をきれいにしますので、ぜひ早めにご相談ください。
当院が、地域のお母さんお父さん、そしてお子さんの味方になれたら幸いです。

鶴ヶ島の歯科・子どものむし歯予防

幼いうちから歯磨きを嫌いにならずにいられれば、1番良いかもしれません。
ですが大きくなったお子さんも、少しずつ克服していくことは可能です。そして同じ悩みを持つ人たちがたくさんいるので、周囲に相談したら「うちではこうしてるよ!」なんてアイディアももらえるかもしれません。

お子さんの歯磨きで悩んでいるお父さんお母さんにとって、今回のお話が小さなヒントになれたら嬉しいです。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~


記事掲載のお知らせ

プラザ若葉歯科の院長が監修した記事が、Smile Teethの歯科コラムに掲載されました。
→「マウスピース矯正の効果は?効果を実感するまでにかかる時間や費用

皆さま、ぜひご一読ください!


歯の被せ物が取れた(外れた)ときの対処法

鶴ヶ島の歯科・被せ物が取れた時の対処法

硬いものを噛んだり、お餅やキャラメルを食べたり…思わぬタイミングで、歯の被せ物や詰め物が外れてしまった経験はありませんか?そんな時に焦るあまり、自分でなんとかしようとするのはとても危険なことなんです。ではどうすればいいかというと、これはもう自分ではどうすることもできません。外れてしまった被せ物を持って、早急に歯科医院へ行くしかありません。ですがそうは言っても、すぐに都合がつけられない時もありますよね。今回は、自分でやってはいけない注意点や、受診するまでの過ごし方をお話します。ひとりで悩んで慌てずに、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

1.被せ物が取れてしまう2つの理由

鶴ヶ島の歯科・詰め物が取れた

むし歯で歯の形が変わる

被せ物の隙間から細菌が入り込み、時間をかけて被せ物の内側がむし歯になってしまうケースがあります。そのむし歯によって土台となっていた歯の形が変わってしまい、被せ物と合わなくなることから、外れやすくなるというわけです。被せた時はパズルのようにピッタリと合っていたものが、むし歯によって形が合わなくなってしまうというわけですね。

セメントの寿命

被せ物や詰め物を接着している専用のセメントは、一生ものではありません。どうしても老朽化していくもので、一概には言えませんが、その寿命は約10年ほどです。10年以上経過後に詰め物が外れた場合は、セメントの寿命による可能性が高いでしょう。

多くの要因はこの2つだと考えられますが、もし10年未満に外れてしまった場合は、歯ぎしりや食いしばりの癖など適切でない噛み合わせで過度な力がかかることが原因とも考えられます。

 

2.被せ物が取れたときの対処法

鶴ヶ島の歯医者・歯の構造

被せ物が外れた歯で噛まない

被せ物が外れた歯では噛まないようにしてください。その歯は大部分が削られていることが多く、中のもろい象牙質や歯質がむき出しになっています。外側の固いエナメル質と比較して、中にある象牙質は柔らかくむし歯になりやすいのです。毎日固いものを噛む歯は中まで強そうなイメージですが、内側は意外と柔らかくてもろいのです。
(参考:ライオン歯科衛生研究所/歯と歯周組織の構造

そのためむき出しになった歯の土台部分で噛むと、ヒビが入ってしまうなど余計に状態が悪くなってしまいます。熱すぎるもの、冷たすぎるものは凍みて痛みが出たり、食べカスが入ったりしてしまうので、温度差の大きいものはなるべく控え、外れた歯の反対側で飲食するようにしましょう。

また、外れた歯の表面は意外に尖っている場合もあるため、気になるからといって指や舌で触ることも避けた方が良いでしょう。雑菌が入ってしまう原因や刺激を与えてしまう原因にもなります。

外れた被せ物は捨てない

外れた被せ物は無くさないようにしてください。合わない場合や壊れている場合は作り直す必要がありますが、状態によっては再度付け直すことがあります。歯医者さんで見せて判断をしてもらうために、無くしたり捨てたりしない方が良いです。ティッシュで包むと間違えて捨ててしまったり、潰れて変形してしまったりすることがあるので、できれば小さな容器などに保管してください。

歯科医院へ行く

歯医者さんでは外れた部分の雑菌や細菌をきれいに除菌した後で、被せ物をつけます。上述のように被せものが合わない場合や壊れている場合は、新しく作り直しが必要となります。最後に、噛み合わせの力・バランスを調整して、最適な形で歯に戻します。被せ物が外れてしまった原因が歯の不具合による場合は、その治療を行います。

また、すぐに受診して処置をしてもらうことが1番ですが、旅行先だったりご家庭の事情があったりして、難しい方もいらっしゃいますよね。そんな時は歯医者さんへ電話で相談してみるのもひとつの方法です。(→ 詰め物が取れた

何より、ひとりで悩んで間違った処置をしないことが大切です。

 

3.被せ物が取れた時にやってはいけないこと

鶴ヶ島の歯医者・被せ物が取れた

被せものを自分ではめてみる

これは絶対にやめてください。
上述のように、被せ物の土台となる歯はもろい象牙質や歯質がむき出しになっています。そのため、自分ではめようとすると土台となる歯が傷ついたり、被せ物が変形して付け直せなくなったり、無理やり力を入れることでお口の中を痛めたりする可能性もあります。

また適切に装着していないと、食事中や寝ている時に外れて飲み込んでしまうケースもあるので危険です。多くの場合は数日以内に排泄されますが、稀に体内で引っかかって傷つけてしまったり、気管に入ってしまったりする可能性もあります。就寝時だと窒息の危険性もゼロとは言い切れないため、そういった意味でも大変危険です。

市販の接着剤でつける

これも絶対にやめてください。
もちろん一般の接着剤は体に悪いのですが、それだけではありません。お口の中や外れてしまった部位の除菌をせずにそのまま付けてしまうと、雑菌や細菌を一緒に歯の中に閉じ込めてしまうことになります。歯の表面にむし歯を作ったり、歯の根っこに膿をためたりして良いことはありません。専用のセメントでない接着剤でつけてしまうと、残っている大切な歯の寿命を縮めてしまいます。下の歯や前歯など、一見自分で鏡を見ながらつけられそうだと思っても、接着剤での応急処置は絶対にしないでくださいね。

治療せず放置する

これも良くありません。
放っておくとむし歯になるリスクもありますし、弱くてもろい象牙質は、場合によってはさらに大きく欠けてしまうかもしれません。さらに神経の近くには毛細血管もあり、お口から全身に病原菌を運んでしまうリスクがあるのです。むき出しになったもろい歯質を住処として、細菌に感染して腫れてしまう可能性もあります。

そして外れたままの状態ではそこに隙間ができてしまうため、噛み合わせが合わなくなってしまい、健康な歯や全身の体調にまで悪影響が出てしまいかねません。(→ 噛み合わせの不思議

いかがでしたか?もし外れた後すぐに痛みがなかったとしても、放置してしまうと歯の状態が悪くなってしまったり、その分治療費や通院回数も増えてしまったり、メリットは1つもありません。
上記のことを参考にしていただきながら、治療を最小限のものにするためにも、早めの受診をおすすめします。

普段から定期的にクリーニング等で受診をしておくと、詰めものの経年劣化にもいち早く気付くことができます。適切なケアにより詰めものを長持ちさせるためにも、定期健診を習慣にしておくと安心ですね。


親知らずに気付いたら放置しないこと!

鶴ヶ島の歯科・親知らず

親知らずと聞くと、なんとなく抜いた方が良いのかな?というイメージがあるけれど「抜くのって怖いし、腫れそうだし、何より痛そう…。」と不安に思ったり、「どうしても抜かなきゃダメなの?」と疑問に思ったことはありませんか?
実は、そのままにしない方がいい理由が、きちんとあるのです。そして「怖い、痛い」治療ばかりではありません。怖がらず、まずは親知らずを正しく知ることから始めてみませんか?

 

1、親知らずってなに?

鶴ヶ島の歯医者・親知らず

 

親知らずとは

乳歯は生後6ヶ月頃から生え始めて、永久歯は6歳頃から生え始めます。12歳頃に28本の歯列が完成したあと、第2大臼歯のうしろに「親知らず」と呼ばれる第3大臼歯が生えてきます。親知らずはその萌出がもっとも遅く、20歳を過ぎてから生える人もいます。

何気なく普段から呼んでいる「親知らず」ですが、その名前の由来はいくつかあります。「親元を離れてから生え始める」=「親の知らないうちに生える」または、平均寿命が短かった昔の人たちにとっては「親が亡くなってから生える」という意味もあったそうです。また「大人になってから生える」=「知恵がついてから生える」という意味で「智歯」と呼ばれることもあるそうです。

退化している親知らず

昔の人の食生活は固いものが多く、顎の骨が発達して大きかったため、親知らずも余裕をもって生えていましたが、食生活の変化などから顎骨の縮小化によって、スペースを失った親知らずは萌出が困難となり、20歳を過ぎてから生えてくるケースや、年をとって手前の歯を失ってから生えてくることがあります。ほかの大臼歯が正常な位置を占有したあとで、残されたスペースに生えてくるため、すべての人に生えてくるわけではありません。環境の変化の影響を強く受けて、退化傾向が表れている歯なのです。

親知らずの欠如は、人類500万年の進化の過程でもごく最近の傾向で、3万年程前の旧石器時代後半から見られる現象です。現代の日本人の場合、1本以上の親知らずが先天的に欠如している頻度は、およそ30%だといわれています。食生活の変化と顎の縮小化によって、親知らずは退化していたのですね。

親知らずの生え方は十人十色

上記のことからも、親知らずが正常な向きや形で生えてくることが困難になっていることがわかります。親知らずが生えても、正しい方向に生えてくることが少なく、斜めに生えたり横に生えたり、生えきらなかったりすることがほとんどなのです。骨に埋まった状態の歯は「埋伏歯」、親知らずの場合は「埋伏智歯」、水平に埋まった状態の歯茎から見えない親知らず歯を「水平埋伏智歯」といいます。

生えるか生えないかも、生える年齢も、生える向きや本数も・・・親知らずって、本当に人それぞれなんですね。

 

2、親知らずを放置したらどうなるの?

鶴ヶ島市の歯医者・むし歯治療

 

むし歯になりやすい

退化傾向の歯なので石灰化が不十分でむし歯になりやすく、手前の歯を巻き添えにしながら大きなむし歯に発展してしまうケースがあります。また上述のように生え方や生える向きがさまざまなため、そして一番奥に生えるという性質上、歯ブラシが届きづらく汚れもたまりやすくなり、この状態で隅々まで十分に磨くことは、容易ではありません。汚れがたまると、歯ぐきの腫れなどのトラブルも多く出やすくなります。

炎症が起きやすい

磨きにくさの弊害は、むし歯だけではありません。汚れがたまってしまうことで「智歯周囲炎」といわれる炎症を起こしてしまい、痛みを伴う腫れを繰り返すこともあります。炎症を放置して悪化してしまった場合、痛みや不調の範囲がお口の中以外にまで広がってしまう危険性もあるため、「ほっとけば治るだろう」と安易に考えず、早めの治療がとても大切です。

治療がしにくい

簡単な治療であれば可能ですが、たとえまっすぐ正常に生えていても、神経を取るような処置は器材の挿入が難しい場合もあります。歯磨きのしにくさに加え、メンテナンスのしにくさは、お口の中の不衛生な状態を作るため、口臭の原因にもなりかねません。

 

3、親知らずは抜くor抜かない?

鶴ヶ島市の歯科・親知らず治療

「それなら、絶対に抜かないといけないの?」「痛いんだよね?嫌だなぁ・・・」
ここまで読んで下さった方は、そんなふうに思いますよね。
親知らずについて、プラザ若葉歯科ではこのように考えています。

《親知らずを抜歯したほうが良い場合》

・手前の歯と同じように生えてきているが、歯磨きが上手に出来ない場合
・横向き等中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている場合
・骨の中に完全に埋まっているが、レントゲン写真上問題がある場合
・歯並びを悪くする恐れがある場合

 

《親知らずを抜歯しなくても良い場合》

・手前の歯と同じように生えてきていて、歯磨きも特に問題なくできる場合
・骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題が無い場合
・その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合


さまざまなトラブルのリスクを考えると、まっすぐ正常に生えた一部の例外を除いて、他の歯を1本たりとも抜かずに済むためにも、親知らずは放置せずになるべく早めに抜くことをおすすめします。

ですが、今までの世間のイメージのように「親知らずの抜歯は痛くて怖いもの」ではありません。
当院ではむし歯治療はもちろん、親知らずの抜歯にも最大限痛みの少ない「無痛治療」を行っています。

親知らずを抜く治療は、知識と経験、そして医療体制がとても大切です。
当院の院長は埼玉医科大学口腔外科・秩父中央病院口腔外科部長などを経て、抜歯の経験が豊富にあります。また、他の歯科医院からの紹介・抜歯後のリカバリーを行ってきた実績があります。親知らずの状態を詳しく診た上で、患者さんひとりひとりに最善のご提案をいたしますので、お気軽に当院へ抜歯のご相談をしてみて下さい。→「親知らずが痛い」

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

親知らずが痛い

親知らずの抜歯にもできるだけ痛みの少ない無痛治療を行っています。
託児所も完備なのでご家族でご安心して通える環境です。