歯の被せ物が取れたときの対処法

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

歯の被せ物が取れたときの対処法

頻繁にあることではありませんが、歯の被せものが取れることがあります。被せものが取れたときはどうすればよいのでしょうか。

1.被せものが取れたとき、どうすればよいか

もう、どうすることもできません。なるべく早く外れてしまった被せものを持って、歯医者さんに行きましょう。むき出しになってしまった歯の土台は、歯質がもろいので、その部分で噛まないように注意してください。

歯医者さんでは外れてしまったところにある雑菌や細菌をきれいに除菌した後で、もう一度被せものをつけます。被せものが合わなかったり壊れている場合は、新しいものへの作り直しが必要となります。最後に、かみ合わせの力・バランスを調整して、最適な形で歯に戻します。被せものが外れてしまった原因が、歯の不具合による場合は、そちらの治療を優先させて行います。

2.被せものが外れてしまうのは2つの理由

(1)歯の問題

土台の歯の形が変わってしまうことで、被せものの間に隙間ができてしまい、そこから外れやすくなってしまいます。歯の形が変わってしまう多くの原因は虫歯です。

(2)セメントの寿命

セメントの寿命は約10年ほどです。10年経過後に外れた場合は、セメントの寿命によるものです。しかし、10年未満に外れてしまった場合は、噛み合わせによってかかる力が強すぎることが原因と考えられます。

3.絶対やらないでほしいこと

(1)自分ではめてみる

絶対やめてください。被せものの土台となる歯は、大部分が削られていることが多く、中のもろい象牙質や歯質がむき出しになっています。外側の固いエナメル質と比較して、中にある象牙質は柔らかく、虫歯になりやすいのです。毎日固いものを噛む歯は仲間で強そうに見えるかもしれないけど、内側は意外と柔らかくてもろいのです。

だから、自分ではめようとすると、土台となる歯が傷ついてしまったり、無理やり力を入れることで、お口の中を痛めてしまう可能性もあります。

(2)接着剤でつける

これも絶対やめてください。お口の中や外れてしまった部位の除菌をせずに、そのまま接着剤を付けてしまうということ、雑菌や細菌を一緒に歯の中に閉じ込めてしまうことになります。歯の表面に虫歯を作ったり、歯の根っこに膿を貯めたりして、良いことはありません。残っている歯の寿命を縮めてしまうので、やめましょう。

(3)そのまま放置する

これもやめましょう。(1)でお話ししたように、土台となっている歯の性質は、柔らかくてもろいのです。被せものが取れると、弱くてもろい象牙質があらわになってしまいます。場合によっては、さらに大きくかけてしまうかもしれませんし、食べ物や飲み物が凍みてしまうことにもつながります。それだけでなく、むき出しになったもろい歯質を住処として、細菌が感染して腫れてしまう可能性もあります。

また、神経の近くには毛細血管もあり、お口の細菌を全身に運んでしまうリスクも高まります。放っておくということは、虫歯になるリスク、お口から全身に病原菌を運んでしまうリスクがあるということです。傷つきやすいあなたの心が、社会の荒波にもまれるに任されることと同じです。早く守ってあげましょう。

取れた被せものは、なくさないように取っておいてください。できるだけ早く、かかりつけの歯医者さんに来院して処置してもらうようにしてくださいね。

関連する記事

  • 歯科訪問診療とは?2019年9月13日 歯科訪問診療とは? 年齢が高くなると、心も体も少しずつ衰えていくものです。ご家族の方のお世話が必要になってくることもあるかと思います。体が不自由にな […]
  • 親知らずの不思議2019年5月21日 親知らずの不思議 親知らずは、一番最後に生えてくる歯で、真ん中の歯から数えて8番目の一番奥にある歯(第3臼歯)です。永久歯は小学生の時期、だいたい […]
  • 抜歯後の治癒について2018年8月6日 抜歯後の治癒について こんにちは!プラザ若葉歯科の佐藤です。 今日は、どうしても歯を残せず抜歯になってしまった時のお話をさせていただきます。 […]