お口の健康管理

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

お口の健康管理

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
みなさんは、プラークコントロールという言葉を聞いたことがありますか?

 

プラークコントロールは、歯に付着したプラーク(歯垢)の量を減らす事です。おもに、歯ブラシによる歯磨きがあげられますが、ほかにもデンタルフロス(糸ようじ)や、歯間ブラシによる歯磨きなどの家庭で行うクリーニングに加えて、歯科医院でのクリーニングと、歯に付着したプラークの量を減らす行為全般を指します。

 

歯肉炎の段階であれば、プラークコントロールを徹底することで十分な効果が得られ、歯周病の進行や虫歯の発生と進行も抑制することができます。しかし、人生80年を前提とした場合、決してこれだけで十分とはいえません。抑制するとはいっても虫歯はできてきますし、虫歯以外にも健康を損なうような問題が生じてきます。これらをできるだけ早く見つけ出して、対処していくことが重要です。

 

学校健診や企業健診は、通常、劣悪な環境で行われますので、不十分なことは理解されていると思います。歯科医院に行って、レントゲンを撮り、明るい光のもとで1本1本丁寧に診れば、もっと細かい異常を発見する事ができます。しかしこれでもまだ不十分、健診にかかる時間はせいぜい5分程度でしょう。患者さんから直近に感じた異常を聞いて、明るい光のもとで1本1本の歯を丁寧にクリーニングしながら、異常を発見したらこれに対処してこそ、人生80年を前提とした健康管理が可能なのです。このためには、通常15分以上の時間が必要です。

 

大変な労力のように思えるかもしれませんが、毎月歯科医院に通って汚れを取る習慣を定着させるだけのことです。その代わり生活習慣病としてのもろもろの束縛から解放されるのです。

 

解決の糸口があるのですから、それを徹底的に追及することが大事です。セルフケアではゆきとどかない、歯垢・歯石・ステイン除去を行うPMTC(profesional Mechanical Tooth Cleaning)が話題を呼んでいます。単に歯のエステというだけではなく、PMTCを6年間継続して受けると、虫歯の発生率が70分の1に減ったという報告もあります。

 

PMTC自体は保険適応外の歯科医院もありますが、プラザ若葉歯科では保険適応内でしつかりとしたPMTCを受けることができます。ぜひ、歯科医院で予防を習慣にしてみませんか?

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

痛くない歯石除去

虫歯や歯周病、口臭の原因となる歯石を専用の器具で除去していきます。
歯周病が進行していたり、歯石の量が多く、除去に痛みが伴ってしまう場合は麻酔を施すので安心です。

関連する記事

  • 歯石のつく速度は体質で異なる??2018年2月5日 歯石のつく速度は体質で異なる?? こんにちは!プラザ若葉歯科のブログ担当佐藤です。   みなさんは、歯の汚れが歯石になるまでどのくらいの期間がか […]
  • 歯垢と歯石の違い2017年10月19日 歯垢と歯石の違い CMなどでよく耳にする「歯垢」と「歯石」その違いは何でしょうか。また、歯垢や歯石の除去方法を紹介します。 […]
  • 突然の歯のトラブルの対処法2017年12月18日 突然の歯のトラブルの対処法       私たち日本人にとって、予防歯科はあまりなじみのないものですね。そのため、まだ […]