鶴ヶ島市若葉駅のプラザ若葉歯科が発信する歯やお口に関する情報

歯のこばなし

BLOG

  • 診療カレンダー
  • お知らせ
  • 歯のこばなし
  • インスタグラム
  • *
    電話をかける
  • *
  • *
診療時間

土曜午後は18:00まで
最終受付 平日18:20/土曜17:40 
【休診】 水曜、日曜、祝日

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

東武東上線「若葉駅」西口から徒歩2分

意外に多い顎関節の異常

 

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
「顎関節症」という病名をご存知の人も多いと思います。この症状は子どもから大人まで幅広く発生しますが、20歳代から30歳代の女性に多い傾向があるとされています。顎の関節が痛む、雑音がある、口が開きにくいなど、顎周辺の症状を中心に、肩こり、腰痛など全身のさまざまな場所に症状が現れることもあります。「硬いものを食べたら顎が痛くなったが、しばらくしたら治った」という程度の軽い症状を含めると、日本人の2人に1人はなんらかの経験があるのではないかともいわれています。年齢的には、10代なかばごろから増加するのは、歯や骨格が成長して大人になる時期であり、顎関節の変形やかみ合わせが安定していないことが原因と考えられています。また30代以降の減少は、顎関節症の変形はあっても、それに慣れてうまくつきあえるようになるため、と考えられています。

 

顎関節の形は人それぞれで、同じ人でも左右まったく同じというわけではありません。それだけ不安定な構造であり、歯ぎしりのような過剰な負担が加わっただけで、関節に炎症が起こると考えられます。若い年代に見られる顎関節の症状は、かみ合わせが安定するにしたがって減少することが期待できますので、痛みに対する対処療法や歯ぎしりの解消程度で、経過をみるのが良いと思います。

 

消極的なようですが、多少不都合があるにしても、今現在のかみ合わせを生涯変えることなく維持することができれば、関節の形が変化して、症状を緩和もしくは治癒に導いてくれるのを待つことも、有望な選択肢だと思います。そのためには、虫歯の治療や歯周病の進行を最小限にとどめて、関節内での位置関係を一定に保つことが必要です。

 

当院にも、顎に痛みのある方、口が大きく開けられなくなってしまった方など、顎関節でお悩みの方が多く来院されています。当院は院長が歯の症状でなくても大丈夫です!もしご不安なことが少しでもございましたら、ぜひ一度ご相談下さい。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

顎関節症

当院の院長は顎関節の専門です。
顎が痛い、開けづらい、カクカク音が鳴るなどの症状がありましたらご相談ください。

関連する記事

  • 歯ぎしりの原因はストレス?2018年4月9日 歯ぎしりの原因はストレス? こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。 みなさんは、歯ぎしりで困ったことなどはありませんか?   […]
  • 「骨粗鬆症」との因果関係に要注意2016年8月22日 「骨粗鬆症」との因果関係に要注意 骨粗鬆症は、骨の密度が低下してスカスカになり、全身の骨がもろくなる病気です。日本では約1100万人以上いると推定されていますが、 […]
  • 歯周病の種類2014年9月12日 歯周病の種類 咀嚼(そしゃく)という言葉、あまり聞いたことが無いかと思います。咀嚼とは、噛み砕くということです。 口の中に食べ物を入れ、歯や […]

月別アーカイブ
サイト内検索
  • お知らせ
  • 歯のこばなし
  • よくある質問
  • 診療カレンダー
  • 採用情報