早期治療だと思っていたら、実は・・・

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

早期治療だと思っていたら、実は・・・

こんにちは!プラザ若葉歯科のブログ担当佐藤です。

 

「最近、歯がしみるようになった。早めに歯医者にいかなくっちゃ」と思っている人はいませんでしょうか?「歯がしみる」という症状には様々な原因がありますが、虫歯で歯がしみるのは、症状がかなり進んでしまっているということかもしれません。歯の質や年齢、さらに場所によって虫歯の進行速度は違いますが、転げまわるような痛みになるまでには、およそ6年かかります。そうなってからだと、間違いなく歯の神経を取る(抜随処置)ことになってしまいます。

 

それ以前に、虫歯で歯がしみだすのは、転げまわるような痛みになる数ヶ月前の症状です。この時点でも、ほとんどのケースで神経を取ることになってしまいます。そう考えると、数字のうえからみても、「早期治療」とは虫歯発生から1年目かせいぜい2年目までに見つけて治すことを意味します。

 

虫歯によって強固なエナメル質が破壊されても、象牙質に達するまでには多少余裕があります。歯がちょと透けて黒く見え始めるのは、象牙質に虫歯が到達する頃です。ですが、象牙質に到達した虫歯は急速に拡大して、早ければわずか半年で歯随まで破壊していきます。

 

場所によっては「ちょっとしみる」前にすでに歯髄に虫歯が到達していることもあります。治療のときについでと思って治療すると、「痛みのない歯を治療して、神経までとられた」と受け止められてしまう可能性があります。ですから、できるだけ虫歯が象牙質に到達する前に治療しておくことが必要になってきます。この時期ですと通常は痛みもなく、麻酔する必要もありません。治療には、歯と同色のプラスチック様の「コンポジットレジン」を使いますので、費用も安く、審美的にも満足な結果が得られます。

 

症状が進んでしまうと、それだけ時間や治療費もかかってしまい、何より患者さん自身が大変な思いをしてしまいます。「歯がしみる」「虫歯かな?」と少しでも」感じたら、早めに歯科医院を受診しましょう!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

関連する記事