親知らず抜歯後の後遺症-鶴ヶ島・若葉駅で痛くない歯医者【鶴ヶ島市のプラザ若葉歯科】

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

親知らず抜歯後の後遺症

親知らずの抜歯。気になっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?ほとんどの場合は大きなトラブルになることはありませんが、まれに後遺症が残ることがあります。

今回は、どのような後遺症があるのか、また、その治療方法についてまとめてみたいと思います。

1.下歯槽神経麻痺(しびれ)

下歯槽神経麻痺とは、下顎の親知らずの抜歯後に、下唇やあごにしびれが残る状態をいいます。

これは、歯根のすぐ下にある下歯槽神経が、抜歯の際に何らかの原因で傷ついてしまったときに起こります。破折してしまった歯や歯根で傷ついてしまったり、器具や麻酔が原因のこともあります。

親知らずが下歯槽神経の近くに生えている場合は、抜歯後にこのような知覚麻痺がおこる可能性について歯科医師から説明があります。

万が一、抜歯後にしびれが残ってしまった場合は、遠赤外線や歯科用レーザーの照射、ビタミン剤の服用などで治療します。症状によりますが、3~9カ月で治癒します。

2.舌神経麻痺

舌神経麻痺とは、舌神経が損傷して、舌にしびれや味覚障害がおこった状態をいいます。

抜歯時の切開で傷つけてしまったり、傷口を縫合するときに神経を巻き込んでしまったりすることが原因となります。

治療は前述の下歯槽神経麻痺と同じように、レーザー治療やビタミン剤投与などを行います。

3.ドライソケット

ドライソケットとは、抜歯後の穴にかさぶたが十分にできずに痛みが続く状態で、細菌に感染して炎症が広がってしまうこともあります。

抜歯後2~3日の間痛みが続くのは特に問題ありませんが、一週間以上痛みが続く場合にはドライソケットになっている可能性があります。

通常は抜歯後に血液が固まって粘膜を保護してくれますので、自然に治癒していくものなのですが、うがいをしすぎたり、舌先で傷口を触ることでかさぶたがはがれてしまうと、抜歯後の穴がふさがらなくなり細菌に感染しやすくなります。

抗生物質の服用、また軟膏薬で保護することにより、2~4週間で治癒します。

4.気腫

気腫とは、親知らずを抜歯した際に傷口から空気が入ったことが原因で、頬やあごが腫れる状態を指します。触るとプチプチと音がするのでわかります。

空気が吸収され消失するのを待つか、抗生剤や鎮痛剤、抗炎症剤を使用することもあります。

5.顎関節症

顎関節症とは、顎の関節や周辺部分に痛みが出たり動かしにくくなる状態をいい、口を開いたときに顎関節や周りの筋肉に痛みを感じたり、関節から音が鳴ったりすることもあります。

抜歯においては、長時間にわたり大きく口を開けていたために起こります。

鎮痛剤などの薬物療法、電気を流したりマッサージを施す理学療法、動かして治す運動(リハビリ)療法、マウスピースを用いたスプリント療法などがあります。

6.抜歯後出血

抜歯後出血とは、出血が通常より多い状態や、止まらなくなる状態のことです。

抜歯後はある程度出血するものですが、止血や縫合が十分ではなかった場合と、高血圧症や肝機能障害などの疾患により出血が多くなることがあります。

出血を止めるには止血剤を用います。

7.神経障害性疼痛

下歯槽神経麻痺と舌神経麻痺でもお伝えしたように、抜歯の際に神経を傷つけてしまうと、周りにしびれや味覚障害が起こります。

歯肉や舌、頬などに長期にわたり痛みが続いたり、通常では痛みと感じない刺激も強い痛みとして感じることがあり、神経障害性疼痛と呼ばれています。

この治療には、疼痛治療薬などを使う薬物療法や、神経の活動を抑えることで痛みを軽減させる星状神経節ブロック、神経をつなぎなおす外科手術などがあります。

8.まとめ

親知らずの抜歯でトラブルになりやすいのは、親知らずが虫歯になってから抜歯する場合がほとんどです。

親知らずは、奥歯に寄り掛かるように斜めに生えるなど、ブラッシングがうまくできずに虫歯になりやすい歯です。生えてきたら早めに歯科医に相談しましょう。虫歯になるような生え方をしていると診療された場合には、虫歯になる前に抜歯をすることによって後遺症を避けることができます。

もし後遺症が出てしまったときも、適切な処置をすれば治っていくものです。不安なことがあれば、歯科医師・歯科衛生士に何でも相談してください。

難しい症例は大学病院を紹介されることもありますよね。プラザ若葉歯科院長は長年、大学病院の口腔外科でたくさんの症例に対応してきましたから、地域に根差した医院でありながら難しい処置も安心してお任せいただけます。

もしも親知らずの抜歯をお考えでしたら、是非、当院にお問い合わせください。

関連ページ

親知らずが痛い

プラザ若葉歯科での親知らずの抜糸の流れや、よくある質問をまとめました!

 


口の中と歯の働き(その2)

 

A.口について
6.どうして口には舌があって赤いのですか。
舌は筋肉でできていて、表面は粘膜という薄い膜でおおわれています。そのため、筋肉の色が透けて、赤く見えるのです。

 

また、舌は筋肉でできているためよく動きます。食事のとき、食べ物を口の中で混ぜ合わせたり、よく噛めるように歯の上に食べ物をのせたりします。話すときには舌の形を変えたり、上顎や歯の裏に舌をくっつけることにより、様々な言葉を話すことができます。

 

7.なぜ舌で味が変わるのですか。
味覚を感じる部分を みらい と言います。みらいは長さ約80μm(1μmは1mmの1000分の1)幅約.40μmの小さな卵型の細胞です。みらいは、口の中に4000~5000個くらいあると言われ、この大部分が舌に存在しています。
みらいからは脳まで神経の細かい線維が通っていて、味のある物がみらいに触れるとその刺激が脳まで伝わり、甘い、辛い、しょっぱい、すっぱい、などが感じられます。

 

食べ物のおいしさは、食べ物が歯で砕かれ、唾液と混ざることにより感じられるのです。

 

8.舌が短いと上手くしゃべれないそうですが、本当ですか
言葉を話すとき、舌は大切な働きをしています。口の中のどこでどのように舌を使うかによって、いろいろな語音(言葉の中のひとつひとつの音)ができるのです。正しい語音を作るためには、舌が自由に動かなければなりません。

 

舌の裏側には、舌小帯と言われる薄いひだがあります。このひだが舌の先についていると舌を思うように動かすことができません(舌小帯短縮症または舌小帯癒着症あるいは舌強直症)。
舌を突き出した時に舌の先がハート型にくうびれて十分外へ出なかったり、舌の先で上顎を触ることができないような場合には、舌小帯を切って舌を動きやすくすることもあります。
舌を思うまま動かせるということは、言葉を話すうえで、とても重要なことなのです。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。


①口の中と働き

 

A.口について

 

なぜ人間には唇があるのですか?
唇は顔の皮膚と口の中の粘膜との境となっています。これは、他の動物では見られず、人間に進化する過程で現れたと考えられています。

 

このように、唇は普通の皮膚と違って、表の皮の厚さがとても薄く、皮のすぐ下に血管が通っています。そのため、血管の色が透けて見えて、唇が赤く見えます。また、わずかなしげきで出血したり、はれたりします。

 

なぜ、のどちんこがあるのですか?
のどちんこは、口蓋垂といって、筋肉からできていて上へ動かすことができます。口蓋垂の下の部分をさす軟口蓋は物を飲み込む時や、な行・ま行以外の発音の時に、持ち上がって鼻と口を遮断します。これにより、飲み込む時には食べ物が鼻に逆流するのを防ぐことができ、言葉を話すときには、な行・や ま行といった、鼻から息が出る音以外の音を話すときに鼻から息が漏れるのを防ぐことができます。

 

プールに入ったいるとどうして唇が紫色になるのですか?
人間(恒温動物)がプールの水の中に長ながく入っていると、体温が水に奪われて体温が低くなります。その低下がどんどん進行すれば、体温がひどく低下し、ついには生きるために必要な体温(恒温性)が保たれなくなります。

 

通常、生理学的には、少しでも体の表面から熱が奪われるのを防ぐために、体の筋肉を細かく振動や収縮させて、組織でのエネルギーを作り、体温を上昇させ、体温を保つようにするのです。その場合、体の表面から熱が奪われないよう、体表に近い未梢血管が収縮して血行が悪くなります。

 

唇には小さな血管が多く、血管の巣となっています。普段はこの血管の巣に、酸素化された血液が充分に流れ、赤い色をしています。しかし、このように体温が下がってくる場合、表面に近い血管の巣が収縮し、酸素化血量がへり、唇の赤みがおち、口唇部の色が紫色に見えるのです。
そのままプールにはいっていると、体温が下がりすぎて生命に危険となるので、できるだけ、早くプールから上がって体を暖めたほうがいいです。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。


口の中と歯の働き(その1)

①口の中について

 

口は何のためにあるのでしょうか?
→口の一番の働きは食べ物を噛み、飲み込むという働きです。これは、人間が生きていく上で必要な栄養を取り込むという最も重要な働きです。
口に取り込まれた食物は、唾液と混じり合い、歯と舌と頬によりすりつぶされて、やわらかな塊となって飲み込まれ、食道を通って胃へ送り込まれます。ここで消化され必要な栄養分が体に吸収されるわけです。

 

また、呼吸をする空気の通り道の口には言葉を話すという働きもあります。喉を通ってでてきた声を舌や唇の形を変える事によっていろいろな言葉にすることができます。言葉を話すことにより、ほかの動物と違い、人間は複雑な事を考えたり相手に伝える事ができるようになりました。

 

このように、口には人が人らしく生きてゆくために大変重要な働きがあります。

 

口はどうして開いたり閉じたりできるのですか
→口は上顎と、下顎からできていて、上顎は頭の骨とつながっています。そのため、上顎は動かすことはできません。
しかし、下顎は頭の骨からつり下げられていて、顎を動かす筋肉がついているのです。この筋肉によって、下顎を上げたり下げたりすることができます。
下顎を下げれば、口は開きますし、下顎を上げれば口は閉じます。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。