親知らずの抜歯は痛くなる前に・・・-鶴ヶ島、若葉駅近くで痛くない治療を目指す歯医者、プラザ若葉歯科クリニック

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

親知らずの抜歯は痛くなる前に・・・

こんにちは!ブログ担当の佐藤です。
今回は、親知らずの抜歯についてお話します。

 

「親知らずの抜歯は痛い」という先入観が定着しているように思います。「以前、麻酔した時はよく効いたのに、今回はなかなか効かない」という経験をされた人は多いと思います。同じ人でも、そのときの条件によって、麻酔が効きにくいことがあります。これは、痛みが強かったり、腫れているなど急性の炎症がある場合は、麻酔が効きにくいという傾向があるからです。しかも、「はれものにさわる」よう治療する状況なので、針を刺す麻酔そのものも通常の数倍の痛みに感じてしまいます。

 

痛みに耐えられず抜歯を決断するケースが多いことは、やむをえないのかもしれませんが、その場合でも膿をだす、抗生物質を飲むなどの緊急処置を行って、炎症の始まった数日後に抜くようにすれば、抜歯後の痛みは軽減します。抜くべき親知らずがある場合には、できることなら前もって痛みのない時期を選び、余裕を持って抜くことをおすすめします。特に女性の方は、妊娠や授乳時期を避けて、できるだけ早めに対処しておくべきでしょう。

 

痛みのない時期であれば、正常に生えた親知らずは、簡単に抜くことができます。特に上の親知らずは、全抜歯中もっとも簡単で痛みのない抜歯となるケースがほとんどです。歯の方向や埋伏状態によって、下の親知らず以上に時間がかかることもありますが、非常にまれなケースですので、適度に心配する必要はありません。

 

親知らずの抜歯でいちばん問題になるのは、下顎水平埋伏智歯の抜歯です。この場合は歯ぐきを切り、周囲の骨を削って抜きますので、時間がかかって痛むうえに、はれやすく、しかもアメ玉をしゃぶったみたいに目立ちやすいのが特徴です。はれものにさわれば、痛いのはあたりまえです。痛がる人ほど、よほど痛くならないと歯医者に行かない傾向があるので、いよいよ痛みに耐えかねて治療を決断しても、悪夢がよみがえるだけです。

 

さらに、すぐそばを通る神経を損傷するリスクがあり、抜歯後にしびれが残ることもあります。下顎水平埋伏智歯ですと、解剖学的に下顎神経と非常に近く、ときとして交差していることもありますので、まれに抜歯後のしびれが唇の周囲に残ることがあります。いったんしびれが残ると、その治癒は非常に遅く、数カ月から数年かかることもあります。これは親知らずを抜くにあたってやむをえないリスクと考えられています。

 

これだけ聞くと不安に感じる方も多いと思いますが、当院では歯科用CTを用いて精密な検査を行うことができます。口腔外科出身で医学博士の院長がしっかりと診断をし、「大学病院で抜いて下さい」と言われたという親知らずも当院で抜けるケースがとても多いです。しかも、非常にスピーディーに痛みなく抜け、術後も大きな腫れもなくしびれなども出なかったとおっしゃる患者さんがほとんどです。

 

親知らずの抜歯を検討されている方は、早めにぜひ当院にご相談ください!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~


親知らずに気付いたら放置しないこと!

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
今回は、親知らずについてお話します。

 

永久歯の歯の本数は25~32本といわれていますが、12歳ころに28本の歯列が完成したあと、第2大臼歯(7番)のうしろに「親知らず」と呼ばれる第3大臼歯が生えてきます。退化傾向の歯ですので、すべての人に生えてくるわけではありません。現代の日本人の場合、1本以上の親知らずが先天的に欠如している頻度は、およそ30%だといわれています。親知らずはその萌出が歯の中でもっとも遅く、ほかの大臼歯が顎骨の中で正常な位置を占有したあとで、残されたスペースに生えてきます。そのため、環境の変化に強く影響を受けて、退化傾向が強く表れる歯なのです。親知らずの欠如は、人類500万年の進化の過程でもごく最近の傾向で、3万年程前の旧石器時代後半から見られる現象です。

 

親知らずの退化は、食生活の変化と顎の縮小化がおもな原因とされています。親知らずがあっても、正しい方向に生えてくることが少なく、横に生えたり、生えきらなかったりすることがほとんどです。「水平埋伏智歯」は、その代表的な例と言えるでしょう。

 

いちばん奥という関係上、親知らず周辺には汚れがたまりやすく、「智歯周囲炎」といわれる炎症を起こして痛みを伴う腫れを繰り返します。また、退化傾向の歯ですので、石灰化も不十分でむし歯になりやすく、手前の歯を巻き添えにしながら大きな虫歯に発展してしまいます。親知らずも簡単な治療ならできますが、たとえ正常に生えても、神経を取るような処置は器材の挿入が難しく、ほとんどできません。ですから、きれいに生えた一部の例外を除いて、親知らずはなるべく早めに抜いて、それ以外の歯を1本たりとも抜かずにすむように、生涯残す努力をすることをおすすめします。

 

顎の骨が大きかった昔は、親知らずも余裕をもって生えていました。いまでも十分なスペースのある人は、16歳ころに生えてきますが、顎骨の縮小化によってスペースを失った親知らずは萌出が困難となり、20歳を過ぎてから生えてくるケースや、年をとって、手前の歯を失ってから生えてくることもあります。

 

骨に埋まった状態の歯は「埋伏歯」、親知らずの場合は「埋伏智歯」、水平に埋まった状態の親知らず歯を水平埋伏智歯といいます。下の親知らずで、完全に横向きで骨に埋まっている歯を、下顎水平埋伏智歯といいます。この状態になると歯ブラシが届きづらく、汚れもたまりやすくなり、歯ぐきの腫れなどトラブルも多く出やすくなります。

 

次回は、親知らずの抜歯について詳しくお話していきます。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

親知らずが痛い

親知らずの抜歯にもできるだけ痛みの少ない無痛治療を行っています。
託児所も完備なのでご家族でご安心して通える環境です。


親知らずは抜いたほうがいいの?

 

 

 

私たちのお口の中の神秘、親知らず。一足、遅く生えてくる一番奥の歯です。英語では、「wisdom tooth(teeth)」と言い、「知恵の歯」という意味の愛称で呼ばれています。
左右上下と歯の奥は4つの場所がありますが、そのうち2、3本しかはえなかったり、4本すべてはえなかったりすることもあります。全くはえない人もいます。
全くはえない場合、28本。親知らずが4本全てはえそれを数に含めると、人間の永久歯は合計32本になります。

 

日本での言葉の由来は、諸説あります。一般的に聞かれるものは、多くの親知らずが20歳前後ではえ始めるため、親がこどもの歯のはえ始めを知ることがなく、親知らずという名前がついたというものです。また他には、乳歯が永久歯の「親」と考えると、親知らずには、対応する乳歯が存在しないので、「親知らず=対応する乳歯がない」と考える説もあるようです。

 

親知らずの問題点は、正しくはえなかったときの歯みがきが難しく、虫歯になりやすいことと、となりの健康な歯にトラブルを与えることです。
親知らずは抜いたほうが良いというイメージがあります。確かに親知らずは、斜めだったり、横を向いたり、正しくないはえ方をすることが多いです。
しかし、ただしくないはえ方をした場合でもトラブルがなければむやみに抜く必要はありません。親知らずを抜くのはトラブルをおこしているときです。

 

例えば、親知らずは上下の歯の片方だけはえることもあります。
その場合、対になる歯がないので直接歯ぐきにあたり、傷をつけたり炎症をおこしたりします。また、無理にかみ合わせようとすることで、歯並びが崩れてかみ合わせが悪くなることがあります。

 

親知らずというと、「抜かないと・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか?
ですが実は、全ての親知らずが、すぐにでも抜かないといけないわけではありません。
ほかの歯と同じように真っ直ぐ生えており、健康な状態が保たれている場合は、即抜歯、という判断には至りません。
ただ、現代人はあごの幅が小さくなっているために親知らずがキチンと生えるスペースがない場合が多いです。

 

ではどんな場合に抜いたほうがいいのでしょうか?

 

①斜めや横倒しに生えている

親知らずが斜めや横倒しで生えてしまっていると、隙間に歯ブラシが届かず、衛生的な状態を保ちにくくなるため、虫歯になったり周りの歯茎が炎症を起こしたりします。また、生え方によっては隣の歯を圧迫して歯並びに影響を与える場合もあります。

 

②噛み合う歯がない

上あごの親知らずの場合で、まっすぐに生えていても、その歯と噛み合う歯が存在しない場合は、抜いた方が良いと判断される場合があります。 噛み合う歯がないと歯が下に伸び、かみ合わせたときに歯茎などの周囲の組織を傷つける可能性があります。また、かみ合わせを悪くする可能性もあります。

 

このように、親知らず自体が他に何らかの影響を与えてしまっている、与えてしまう可能性が高い、ということが決め手になります。

 

実際に、奥歯のさらに奥にある親知らずは、やはりハブラシが届きにくいものです。虫歯になってしまったり、歯茎が炎症を起こしたりすることが多くなります。
逆を言うと、親知らずを残しておかなくてはいけない、という決まりはないのです。

 

余談ですが、昔よく歌われていた合唱曲の一つに「親知らず子知らず」というものがありました。戦時中のことをうたったとても悲しい歌なのですが、中学生の合唱コンクールなどではよく使われていたものです。
鶴ヶ島市、坂戸市、近隣の川越市では市立学校だけで34校の中学校があります。思春期や反抗期を迎え、一つ一つ大人になる心も体も大きく変化していくように、親知らずはいつのまにか育っているものかもしれませんね。

 

当院では「親知らずが生えてきた」というお話のもとにいらっしゃった患者様へは、「抜きたくない」という強いご意思がなければ、抜歯のご相談もさせていただいております。

 

まずは気軽にご相談ください!
本日も皆さまのご来院をお待ちしております☆

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

親知らずが痛い

親知らずの抜歯にもできるだけ痛みの少ない無痛治療を行っています。
託児所も完備なのでご家族でご安心して通える環境です。