3.歯の仕組み・形・大きさ

健康な歯.gif
 健康な歯の色はどんな色ですか?
 歯の表面を覆っているエナメル質は半透明な乳白色か、うすい黄色味がかった白色をしています。象牙質はうすい黄色味がかった褐色でエナメル質とは違い不透明です。

 歯を表面から見た時の色は、エナメル質そのものの色ではなくて、エナメル質を透過してくる象牙質の色を反映していて、半透明な黄色味がかった白色から、灰色味のある白色まであります。歯の色は不透明な白い色(チョークのような)ではありません。

 人によって黄色っぽい歯と白っぽい歯があるのはどうしてですか?
 歯の色は人によって違い、黄色味がかった白色から、灰色味のある白色まであります。これは主としてエナメル質の透明度の差によって決まります。
透明度の強いエナメル質が覆っている歯は、それを透して象牙質の黄色が見えるので黄色味がかって見え、もっと不透明なエナメル質のある歯は象牙質の黄色が見えにくいので灰色味のある白色にみえます。
そして透明度は石灰化の程度の差によるもので十分に石灰化したエナメル質は透明度が強いため、歯は黄色味がかって見えます。

 歯をもっと白くするにはどうしたらいいですか?
 象牙質の色やエナメル質の透明度はその人その人によって違い、その人に特有なものですから、できあがった歯そのものの色を白くすることができません。
ただし歯の表面に色々なきたないもの(歯垢)が付着して、黄色くなったり、褐色になったりした時は、ブラッシングなどの方法によって取り除くことはできます。

プロのホワイトニング試してみませんか。
美しい歯で笑顔の魅力、倍増計画!

歯のこばなし
今日のお天気