自分に合った歯ブラシの選び方

171021.jpg

「歯ブラシってどういうのがいいの?」という質問を患者様からよくいただきます。
今日は歯ブラシのお話をさせていただきます。

歯ブラシの選び方

電動歯ブラシの種類

歯ブラシの選び方

電動歯ブラシが出てきたとはいえ、電動ではない普通の歯ブラシを使われている方は、まだまだ一般的です。まず手磨き用の歯ブラシのお話から。

ブラシの大きさ

小さめ~ふつうサイズのものがお勧めです。大きいサイズは磨ける面が大きいというメリットがありますが、小回りが利かず入り組んだ部分や奥歯の汚れを取るのに適していません。また、小さすぎるとすべての歯を磨くのに時間がかかってしまいます。

ご自身のお口の大きさに合ったサイズを、ドクターや衛生士に選んでもらうとよいかもしれません。

ブラシの硬さ

普通の硬さがちょうどいい!やわらかすぎると汚れが落ちにくかったり、固すぎると今度は歯ぐきを傷めてしまったりするので、普通の固さがちょうど良いかと思います。

しかし、歯周病の治療中の方や、歯茎に傷がついている方は柔らかめのブラシを使用してください。硬いブラシで無理に歯をブラッシングすると歯茎に傷をつけてしまう恐れがあります。

毛先の形状

歯ブラシの毛先は、ギザギザしたものなどもありますが、真っ直ぐ平らなものをおススメします。ギザギザや毛の長さに凹凸があっても、その形は歯の凸凹と完全にフィットすることは難しいため、逆に隙間が出来てしまうことが多いからです。

電動歯ブラシの種類

次に、「電動歯ブラシ」のお話しを。みなさんは「電動歯ブラシ」をつかったことがありますか?

もしかしたら、使いたいと思ったことがない人という方もいるかもしれません。もちろん、メリットもデメリットもありますがちゃんと正しい使い方を覚えれば簡単に歯をキレイにみがくことができます。

電気の力で動く歯ブラシを総称して「電動歯ブラシ」と言っていますが、いくつかの種類があります。

①電動歯ブラシ

これは、普通の「電動歯ブラシ」です。

丸いヘッドが高速に回転するタイプのものと、手磨きのブラシの動きを高速にした往復タイプがあります。ブラシの動きが複雑になるほど、価格は高くなります。

今は回転式の方が性能もよく、種類もたくさんあるので人気ですね。1分間に5000回くらい振動します。

②音波歯ブラシ

音波の出ている電動歯ブラシです。この音波は、高速の水流を作り、毛先の届きにくい奥歯の歯垢などもキレイにかき落とすことができます。

また、歯垢を落とすだけではなく、その作用により汚れの塊(プラーク)の中に大量にいる細菌の繋がりを断ち切る効果があります。

1分間で3万~4万回くらい振動するといわれています。
フィリップス社で作られているソニッケアーシリーズが有名ですね。

③超音波歯ブラシ

この「歯ブラシ」には超音波を作り出す機械がついています。音波歯ブラシの強力版です。音波歯ブラシと同様に、歯垢を除去しプラークの中の細菌を断ち切ります。そして、細菌が付着しにくい歯にしてくれます。

ライオンから出ている商品や東レアイリーブのウルティマシリーズが有名です。これで粘ついて、しつこい汚れが落とせます。

プラザ若葉歯科では、歯ブラシのおすすめや、歯磨きの工夫などもお話しさせていただいております!
また、手磨きブラシ電動歯ブラシもご用意があります。

ご自身に合った歯ブラシでの歯磨きで、少しでもお口の中のトラブルを予防していきたいですね♪


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気