《年齢別》歯磨きを嫌がる子どもが楽しく磨く方法-鶴ヶ島・若葉駅で痛くない歯医者【鶴ヶ島市のプラザ若葉歯科】

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

《年齢別》歯磨きを嫌がる子どもが楽しく磨く方法

歯磨き嫌いの子どもが楽しく磨く方法

子育て中のお母さんお父さんから、数多く挙げられる悩みの中に「子どもの歯磨き」があります。
「子どもの大切な歯を守るのは、親の役目」「幼いうちからの歯磨き習慣が大切」
そんな言葉が聞こえてくるけれど、嫌がられてうまくいかない…。嫌がる子どもにイライラ、ため息。「むし歯になってもいいの!?」とつい怒ってしまうけれど、むし歯未経験である子どもには通用しません。

無理やり歯を磨く→さらに嫌になって拒否される→イライラしてまた怒る、という悪循環に陥っていませんか?「子どものために…」という一心なのに、悲しくなってしまいますよね。

今回は子どもが歯磨きを嫌がる原因を知って、できることは取り除き、年齢別の楽しく歯磨きできる方法をお伝えします。毎日の歯磨きがつらい習慣ではなく、楽しい、褒められて嬉しい時間に変わっていく参考になれば、私たちも嬉しいです!

 

1.子どもが歯磨きを嫌がる4つの理由

子どもの歯磨き

(1)痛い

上唇をめくった時に見える歯ぐきと上唇をつなぐすじ(ヒダ)を上唇小帯といいます。
この部分に歯ブラシが当たったり、すじが伸びるように上唇を引っ張ったりすると、とても痛いです。お子さんによっては上唇を持ち上げるだけで痛がる子もいます。また、歯ぐきに強く歯ブラシが当たった時などの痛かった経験から嫌なイメージがついてしまうお子さんもいます。

すじの部分を指の腹で優しく押さえるようにして、歯ブラシが当たらないように磨いてあげると痛くないので、実践してみてください。

(2)怖い

仕上げ磨きをするときに押さえつけると、子どもは怖いと感じます。とはいえ、動いてしまったら危険なので押さえざるを得ないですよね。歯磨きに応じてくれるようになれば、自然と押さえる必要がなくなり、お子さんの怖さを取り除ける上に、大人も無理強いするつらさを取り除けます。こうなれば理想の循環です。

そのためにまずは、なるべく険しい顔をせずに(できれば笑顔で)磨いてあげてください。「むし歯にならないように」という思いから真剣になり、お子さんの視点から見上げると、上からのぞき込む大人の表情が怖く感じてしまいやすいからです。
幼い頃は特に、見た目が与える印象は大きいので、歯磨きのイメージを悪くしないために意識してみてください。

(3)気持ち悪い

まだ言葉で気持ちを表現できないうちは、「歯磨きを嫌がる」という方法でお子さんは懸命に気持ちを伝えようとします。「チクチクする」「痛い」「口の中に物が入ると気持ち悪い」「奥歯を磨くとオエっとなりやすい」など、上手に伝えられない気持ちを訴えようとしている可能性があります。

口腔感覚が過敏なお子さんもいるので(1)も参考にしながら、どこを嫌がるのかよく観察して、その部分は無理してすべて磨こうとせず、少しできたら褒めて小分けに行うのも良いかもしれません。

(4)つまらない

仕上げ磨き中は、動くことも遊ぶこともしゃべることもできず、実に退屈です。お気に入りの歌を歌ってあげて、1曲歌い切ったら歯磨きおしまい、など退屈さを紛らわせるとお子さんも時間が短く感じます。好みや年齢などによって紛らわせる方法は変わるので、2の『【年齢別】歯磨きが楽しくなる方法』を参考にしてみてください。

 

☑気を付けるポイント

・上唇を無理に引っ張らない
・上唇と歯ぐきをつなぐすじを指の腹でガードし、歯ブラシが当たらないように、優しく細かく磨く
・仕上げ磨きは笑顔で!見た目から、怖くない雰囲気を作ろう
・「嫌がる」のは言葉の代わりの意思表示。嫌がる刺激を取り除こう
・仕上げ磨き中の退屈を紛らわそう

 

2.【年齢別】歯磨きが楽しくなる方法

(1)0歳

乳歯

歯磨きに慣れることが目的

この時期に1番大切なのは『歯磨きを嫌いにさせない』こと。

生えそろった頃にいきなり歯ブラシを使うと、その後嫌がる原因になりやすいでしょう。赤ちゃんにとって歯ブラシは異物ですから、驚くのも拒否するのも無理はありません。
本格的な歯磨きが始まる頃までに、ガーゼで口内を優しく拭き取ったり、清潔な指でほっぺたやあご、お口の周りや中、生え始めの歯を触ったり、歯磨きに慣れるための準備期間にしてください。

 

(2)1~2歳

子どもの歯

歯磨きのテーマソングで「終わり」を示す

「終わり」がわかることで、歯磨きを受け入れられる子も多くいます。「いつまで続くのかわからない」不安や苦痛は、大人でも辛いものですよね。その子がよく知っている歌だと、幼い子でもいつ終わるのかわかりやすいです。お気に入りの歌を歌ってもらえるのは嬉しいので、「歯磨き=大好きな歌を歌ってもらえる時間」となればさらに最高です。大人も短時間で終わらせようとする目安になります。

ここで気を付けてほしいのは、長すぎない曲を選ぶことです。

 

日常のスキンシップで「触られること」に慣れる

お口周りやお口の中はとっても敏感。歯磨きの時だけ急に触られると、慣れない刺激で驚いてしまいます。普段からスキンシップをたくさんとって、顔や口元に触れておくと良いでしょう。仕上げ磨きの体勢にも遊びを通して慣れておくと効果的です。

どんなスキンシップ遊びがあるかわからない時は、YouTubeで検索してみるのもオススメです。大変な時は抱え込まず、いろいろなものに頼って助けてもらいましょう!

 

(3)3~5歳

子どもの歯磨き

いつもと交代!仕上げ磨き体験

お話ができるようになってきたら、お子さんと役割を交代してみましょう。お子さんにお父さんお母さんの仕上げ磨きを頼んだり、ぬいぐるみの歯を磨いてもらったり。
「お姉さん(お兄さん)になった!」という嬉しい気持ちが芽生えて、歯磨き自体がポジティブな印象になることが目的です。

お父さんお母さんが楽しそうに仕上げ磨きをしてもらうのも、歯磨きの「怖い」印象を払拭する良い方法です。「バイ菌たおしてくれてありがとう」「お口のお掃除名人だね!」など褒めてあげることも、できればやってみてください。

 

手鏡を使ってお口の中を探検

大人の話が理解できるようになってきたら、手鏡をお子さんに持たせながら磨くのもオススメです。お口の中に興味を持ったり、「ここにバイ菌がいるからやっつけるよ」「次は上の歯をパトロールするよ~!」など、実況中継することで退屈さを紛らわせたりすると、楽しく協力してくれるお子さんもいます。
どこを磨くか予告して目で確認できることが、感覚の敏感なお子さんに有効な場合もあります。

 

「これがいい!」お気に入りの歯磨きグッズを自分で選ぶ

好きな色やキャラクターの歯ブラシを選ぶのも良いでしょう。欲しいものの意思表示ができるようになったら、お子さん自身が選ぶことがいいですね。何でも「自分で!」にこだわりたいお年頃。自分で決めることで歯磨きがスムーズになる場合も多いです。

好きなキャラクターの歯ブラシが売っていない時は、持ち手にシールを貼るなどお気に入りにカスタマイズするのも1つの方法です。「早く使いたい!」と楽しみになると良いですね。

 

クリニカのHPで、楽しく親子で歯磨きができるムービーや磨き方のポイントなどが載っています。
困った時はうまくいかない方法を繰り返さず、いろいろなところからアイディアをもらって試してみることが、親にとっても子どもにとってもリフレッシュになるかもしれませんね。

 

3.歯磨き嫌いな子どもに歯医者でできること

子どもの歯科検診

お気に入りグッズでやる気アップ

歯科医院では、子ども用の歯磨きグッズを取り扱っているところも多数あります。当院でも、フルーツのフレーバーの子ども用ハミガキ粉やむし歯を防ぐキシリトールのチョコなどを販売しています。
市販の歯ブラシや歯磨き粉は種類も多く、どれが良いか判断に迷ったり、「甘いハミガキ粉って大丈夫なの…?」と不安に思ったりすることはありませんか?歯医者さんへ行った際に、相談してみると良いと思います。

 

定期健診でむし歯予防

当院では、歯が生えてきたら6ヶ月の赤ちゃんから受診可能です。→「子どもの歯の治療」
また、嫌がるお子さんを抑制していきなり治療することはせず、少しずつ慣れていくようにしています。そうすることで、ほとんどのお子さんが治療を受けられるようになっていきます。

お子さんの予防歯科には、フッ素塗布やフッ素固定(シーラント)などが有効です。
褒め上手で優しい歯科衛生士さんたちが、お子さんを励ましながらお口の中をきれいにしますので、ぜひ早めにご相談ください。
当院が、地域のお母さんお父さん、そしてお子さんの味方になれたら幸いです。

歯ブラシ

幼いうちから歯磨きを嫌いにならずにいられれば、1番良いかもしれません。
ですが大きくなったお子さんも、少しずつ克服していくことは可能です。そして同じ悩みを持つ人たちがたくさんいるので、周囲に相談したら「うちではこうしてるよ!」なんてアイディアももらえるかもしれません。

お子さんの歯磨きで悩んでいるお父さんお母さんにとって、今回のお話が小さなヒントになれたら嬉しいです。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~


歯が作られるタイミング

 

 

 

歯はいつどのタイミングで作られるのかご存知ですか。

 

人はお母さんもお腹の中で10カ月位かけて赤ちゃんへと成長し生まれてきます。
でも、生まれてきた赤ちゃんに、歯はまだ生えていません。
それでは歯はいつごろ、どこで作られるのでしょう?

 

生まれてきた赤ちゃんのあごの骨のなかでは、じつはすでにすべての乳歯と、一部の永久歯が作られはじめているのです。

 

真夏に咲くひまわりを思い出してください。
春にまかれる種には、ひまわりになるための細胞がたくさん詰まっています。
夏に向かって発芽し、太陽の光をたくさん浴び、土から栄養をもらって成長し大きな花を咲かせます。

 

赤ちゃんのあごの骨のなかにも、ひまわりの種のように、将来どの歯になるかが決まった「歯の種」ができます。この種を「歯胚」といいます。
歯胚は、歯と、歯の周りの組織に育つ細胞が集まったものです。
お母さんのおなかのなかにいる赤ちゃんのあごの骨では、とても早い時期(妊娠6週ごろ)から歯胚をつくる準備がはじまります。
そしてその直後(妊娠7週ごろ)、最初の歯胚ができはじめます。
この歯胚は乳歯の前歯(入中切歯、乳側切歯)になります。

 

赤ちゃんに強い歯や骨をプレゼントするにはカルシウムが必要です。
お母さんはおなかの赤ちゃんのためにも、ぜひカルシウムなどの栄養をバランスよく摂ることを心掛けてくださいね。
お母さんからもらった栄養で、お腹の中で歯の種となるものができてきます。そして、生まれて半年ごろから乳歯が生えはじめ、3歳くらいになると乳歯が生えそろいます。

 

一度生えた歯(歯冠)はそれ以上大きくなりませんが、一方あごの骨は乳歯が生えそろう3歳を過ぎても脳の発達といっしょに成長するため、あごばかりが大きくなってしまいます。
そこで歯とあごのバランスをよくして、しっかり噛んで食べられるように、永久歯に生え替わります。本数も増えます。乳歯は4歳ごろから歯根が溶けはじめ生え替わりの準備をします。

 

永久歯は、6歳ごろに乳歯列の奥に生える第一大臼歯から順に生えて、第三大臼歯(智歯)以外はだいたい12歳で生えそろいます。
ちなみに、乳歯の奥歯は噛み合わせ面にデコボコが多く、根元のところがキュッと細くなって丸みがあり、永久歯の奥歯とくらべると食べカスが残りやすい形をしています。むし歯にならないように気を付けていくことが大切です。

 

あごの骨が成長して、永久歯に生え変わる準備ができてくると、乳歯の前歯の間にすき間ができます。これは永久歯に生え替わるための大切なスペースです。また、横側の歯にも永久歯が生えるスペースができます。横側の永久歯は9~12歳くらいまでにゆっくり生えますが、そのころにはすでに、前歯と第一大臼歯は生えそろっています。先に生えて、横側の歯のためにスペースを用意し「ここからこっちだよ」と、あとから生える永久歯を案内してくれるのです。

 

ここ鶴ヶ島市は約7万人ほどの人口を有する町です。年によって差はありますが、550人くらいの赤ちゃんがこの町で産まれています。近くの市町村と比較すると、鶴ヶ島市・坂戸市・川越市ともに7%の人口出生率でした。たくさんの赤ちゃんがお母さんからもらった栄養を元にして元気に生まれてくることを願っています。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

小児歯科

歯と顎の成長を踏まえた上の予防でお口の中のトラブルを未然に防ぎます。
託児所も完備なのでご家族でご安心して通える環境です。


歯の生え変わりの謎

 

 

子供の歯を乳歯、大人の歯を永久歯と呼んでいます。
乳歯から永久歯への生え変わりの現象は不思議ですよね。
乳歯、永久歯の歯、一つ一つに名前があることをご存知ですか。

 

乳歯

永久歯

生え変わりの謎

 

乳歯

子供の歯である乳歯は合わせて20本あります。
前歯から順に次のような名前があります。

 

乳中切歯(にゅうちゅうせっし)
乳側切歯(にゅうそくせっし)
乳犬歯(にゅうけんし)
第一乳臼歯(だいいちにゅうきゅうし)
第二乳臼歯(だいににゅうきゅうし)

 

乳歯は生まれて8~9ヶ月ごろから、生えはじめます。多くの場合は下の前歯から生えてきて、だいたい3才頃に生え揃います。

乳歯は永久歯と比べてエナメル質と象牙質が薄くて柔らかくできています。
全体的に歯は小さく、歯の層も薄く柔らかいため、永久歯より虫歯になりやすいので注意が必要です。

 

永久歯

永久歯は6歳ごろか生え始めます。永久歯は切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯に分けることができます。

永久歯は親知らずを含めて32本あります。前歯から順に次のような名前があります。

 

中切歯(ちゅうせっし)
側切歯(そくせっし)
犬歯(けんし)
第一小臼歯(だいいちしょうきゅうし)
第二小臼歯(だいにしょうきゅうし)
第一大臼歯(だいいちだいきゅうし)
第二大臼歯(だいにだいきゅうし)
第三大臼歯(だいさんだいきゅうし(親知らず))

 

前歯は中切歯、側切歯の2本ずつ上下左右で8本。
犬歯は、糸を切るために使っていたため、糸切り歯とも呼ばれています。こちらは、1本ずつなので上下左右で4本。
奥歯は小臼歯と、大臼歯のことをいいます。
小臼歯が2本、大臼歯が2本(+1)で5本あり、上下左右でそろうと全部で20本あります。
第一小臼歯、第二小臼歯と第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯があります。
第三大臼歯は親知らず(または智歯(ちし))とも呼ばれます。

 

普段聞きなれない言葉が出てきましたが、歯は場所によりそれぞれ名称があります。
乳歯も永久歯も1本1本を大切にしていきましょうね!

 

生え変わりの謎

それぞれの名前の紹介をしたので、次は、乳歯から永久歯の生え変わりの謎についてお話します。

乳歯は「いずれ抜けてしまい、生えかわる歯」という理由で、以前は大切に扱われなかったようですが、実はとても大事な働きをしています。

乳歯と永久歯の生え変わりは列車にたとえることができます。機関車は、前に進む原動力を持ち客車を引っ張っています。乳歯が機関車だとすると、永久歯は客車です。機関車が客車を引っ張るのと同じような働きで、乳歯が生えようとする永久歯を引っ張りあげます。

 

この乳歯が永久歯を正しく導くことは大きな働きなのです。
乳歯を早くに無くしてしまうことは永久歯の咬み合せが悪くなる大きな原因となります。

歯は上下左右別々に生え始めます。

歯の生え始める時期には個人差がありますが、だいたい3歳ごろに生え揃い、生え変わりは6歳ごろから始まります。

 

歯は長い時間をかけて咬み合っていきます。
第一大臼歯は6歳ごろには生え始めますが、咬み合せが完成するのは18~20歳ごろだと言われています。12~14年の長い年月をかけて歯の咬み合せができあがります。
乳歯を早くに無くしてしまうと、隣の歯が寄ってきてしまい永久歯の生える場所が無くなり変な生え方をしてしまう場合があります。

 

生えかわりにはそれぞれ、次のように行われます。

 

乳中切歯→中切歯
乳側切歯→側切歯
乳犬歯→犬歯
第一乳臼歯→第一小臼歯
第二乳臼歯→第二小臼歯

 

乳歯も永久歯もどちらもとても大切です。1本1本大切にして、食生活を楽しんでいきましょう。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

小児歯科

歯と顎の成長を踏まえた上の予防でお口の中のトラブルを未然に防ぎます。
託児所も完備なのでご家族でご安心して通える環境です。


5.子どもの歯から大人の歯へ(その4)

 

おばあちゃんになったらなぜ入れ歯をするのですか?
年をとると髪の毛が抜けたり、腰が曲がったり、顔にしわができたり体のいろいろなところに変化がおきてきます。これを老化現象といいますが、口の中にももちろん老化現象がおきてきます。
そのひとつが歯が抜けることです。歯にも寿命があるのです。しかし、歯が抜けたままにしておくと、物が食べられません。また、口から空気がもれて正しい発音する事ができなくなります。
そこで、入れ歯をいれて食事ができ、はっきりと話すことができるようにするのです。また前歯がないとますますしわがよって年をとって見えてしまいます。いつまでも若さを保つためにも入れ歯は大事な働きをしているのです。

 

年をとると毎日きれいに歯を磨いてもなぜ歯が抜けるのですか?
歯は、歯根膜というゴムのような線維によって顎の骨の中に根がうわっています。こういった歯を支える組織も年をとると、腰が曲がったり、顔にしわができるように、老化現象の一つとしてもろくなったり、骨が吸収されて骨の量が少なくなったりしてしまいます。
そのため、きれいに歯を磨いても年をとると歯が抜けてしまうのです。しかし、100歳の人でも28本もある人もいるので、人の寿命と同じように、その人の心掛け、手入れで歯が抜けることを防ぐこともできます。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

小児歯科

歯と顎の成長を踏まえた上の予防でお口の中のトラブルを未然に防ぎます。
託児所も完備なのでご家族でご安心して通える環境です。


5.子どもの歯から大人の歯へ(その3)

どうして大人の歯ははえかわらないのですか?
子どもの歯の下には大人の歯のもとができています。そして大人の歯のもとが生えてくるにつれて子どもの歯は抜け、生えかわるのです。
しかし、人間の歯のもとは2回しか作られません。つまり、いったん大人の歯が生えてしまうとそれ以上は歯ができません。したがって、大人の歯は生えかわらないのです。

 

子どもの歯が抜けたら大人の歯に生え変わります、では大人の歯が抜けたらどうするのですか?
大人の歯が抜けてしまうと、もうその後に生えてきません。したがって人口の歯を入れる治療をします。抜けた歯が1本だけだったらブリッジといって抜けた歯の両隣の歯を削り、金属でできた歯をれます。
何本も抜けてしまったら入れ歯を作ります。また、最近では、インプラントといって人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで歯を入れるといった治療も行われています。

 

乳歯の内側に永久歯が生えてきましたが大丈夫ですか?
下の前歯が生えかわる時にしばしば見られます。
通常は、乳歯が抜けてると下から永久歯が生えてくるのが良い生えかわり方です。乳歯がグラグラと動揺せず、しっかりしている状態で永久歯が内側から生えてきたら、歯科医院に行って乳歯を抜いてもらって下さい。
抜いた隙間が、生えてきた永久歯より大きければ、内側に生えてきた永久歯は前に出てきて正しい歯並びになります。

 

しかし、隙間が永久歯の大きさより狭い場合は、隣の乳歯を削ったり、抜いたりして、永久歯の生える場所を作ります。永久歯の生える隙間が少ないと、歯並びが悪くなることが多いので、永久歯との交換の期間中、歯列の管理、あるいは矯正が必要になることがあります。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

小児歯科

歯と顎の成長を踏まえた上の予防でお口の中のトラブルを未然に防ぎます。
託児所も完備なのでご家族でご安心して通える環境です。