歯の被せ物が取れた(外れた)ときの対処法-鶴ヶ島・若葉駅で痛くない歯医者【鶴ヶ島市のプラザ若葉歯科】

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

歯の被せ物が取れた(外れた)ときの対処法

鶴ヶ島の歯科・被せ物が取れた時の対処法

硬いものを噛んだり、お餅やキャラメルを食べたり…思わぬタイミングで、歯の被せ物や詰め物が外れてしまった経験はありませんか?そんな時に焦るあまり、自分でなんとかしようとするのはとても危険なことなんです。ではどうすればいいかというと、これはもう自分ではどうすることもできません。外れてしまった被せ物を持って、早急に歯科医院へ行くしかありません。ですがそうは言っても、すぐに都合がつけられない時もありますよね。今回は、自分でやってはいけない注意点や、受診するまでの過ごし方をお話します。ひとりで悩んで慌てずに、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

1.被せ物が取れてしまう2つの理由

鶴ヶ島の歯科・詰め物が取れた

むし歯で歯の形が変わる

被せ物の隙間から細菌が入り込み、時間をかけて被せ物の内側がむし歯になってしまうケースがあります。そのむし歯によって土台となっていた歯の形が変わってしまい、被せ物と合わなくなることから、外れやすくなるというわけです。被せた時はパズルのようにピッタリと合っていたものが、むし歯によって形が合わなくなってしまうというわけですね。

セメントの寿命

被せ物や詰め物を接着している専用のセメントは、一生ものではありません。どうしても老朽化していくもので、一概には言えませんが、その寿命は約10年ほどです。10年以上経過後に詰め物が外れた場合は、セメントの寿命による可能性が高いでしょう。

多くの要因はこの2つだと考えられますが、もし10年未満に外れてしまった場合は、歯ぎしりや食いしばりの癖など適切でない噛み合わせで過度な力がかかることが原因とも考えられます。

 

2.被せ物が取れたときの対処法

鶴ヶ島の歯医者・歯の構造

被せ物が外れた歯で噛まない

被せ物が外れた歯では噛まないようにしてください。その歯は大部分が削られていることが多く、中のもろい象牙質や歯質がむき出しになっています。外側の固いエナメル質と比較して、中にある象牙質は柔らかくむし歯になりやすいのです。毎日固いものを噛む歯は中まで強そうなイメージですが、内側は意外と柔らかくてもろいのです。
(参考:ライオン歯科衛生研究所/歯と歯周組織の構造

そのためむき出しになった歯の土台部分で噛むと、ヒビが入ってしまうなど余計に状態が悪くなってしまいます。熱すぎるもの、冷たすぎるものは凍みて痛みが出たり、食べカスが入ったりしてしまうので、温度差の大きいものはなるべく控え、外れた歯の反対側で飲食するようにしましょう。

また、外れた歯の表面は意外に尖っている場合もあるため、気になるからといって指や舌で触ることも避けた方が良いでしょう。雑菌が入ってしまう原因や刺激を与えてしまう原因にもなります。

外れた被せ物は捨てない

外れた被せ物は無くさないようにしてください。合わない場合や壊れている場合は作り直す必要がありますが、状態によっては再度付け直すことがあります。歯医者さんで見せて判断をしてもらうために、無くしたり捨てたりしない方が良いです。ティッシュで包むと間違えて捨ててしまったり、潰れて変形してしまったりすることがあるので、できれば小さな容器などに保管してください。

歯科医院へ行く

歯医者さんでは外れた部分の雑菌や細菌をきれいに除菌した後で、被せ物をつけます。上述のように被せものが合わない場合や壊れている場合は、新しく作り直しが必要となります。最後に、噛み合わせの力・バランスを調整して、最適な形で歯に戻します。被せ物が外れてしまった原因が歯の不具合による場合は、その治療を行います。

また、すぐに受診して処置をしてもらうことが1番ですが、旅行先だったりご家庭の事情があったりして、難しい方もいらっしゃいますよね。そんな時は歯医者さんへ電話で相談してみるのもひとつの方法です。(→ 詰め物が取れた

何より、ひとりで悩んで間違った処置をしないことが大切です。

 

3.被せ物が取れた時にやってはいけないこと

鶴ヶ島の歯医者・被せ物が取れた

被せものを自分ではめてみる

これは絶対にやめてください。
上述のように、被せ物の土台となる歯はもろい象牙質や歯質がむき出しになっています。そのため、自分ではめようとすると土台となる歯が傷ついたり、被せ物が変形して付け直せなくなったり、無理やり力を入れることでお口の中を痛めたりする可能性もあります。

また適切に装着していないと、食事中や寝ている時に外れて飲み込んでしまうケースもあるので危険です。多くの場合は数日以内に排泄されますが、稀に体内で引っかかって傷つけてしまったり、気管に入ってしまったりする可能性もあります。就寝時だと窒息の危険性もゼロとは言い切れないため、そういった意味でも大変危険です。

市販の接着剤でつける

これも絶対にやめてください。
もちろん一般の接着剤は体に悪いのですが、それだけではありません。お口の中や外れてしまった部位の除菌をせずにそのまま付けてしまうと、雑菌や細菌を一緒に歯の中に閉じ込めてしまうことになります。歯の表面にむし歯を作ったり、歯の根っこに膿をためたりして良いことはありません。専用のセメントでない接着剤でつけてしまうと、残っている大切な歯の寿命を縮めてしまいます。下の歯や前歯など、一見自分で鏡を見ながらつけられそうだと思っても、接着剤での応急処置は絶対にしないでくださいね。

治療せず放置する

これも良くありません。
放っておくとむし歯になるリスクもありますし、弱くてもろい象牙質は、場合によってはさらに大きく欠けてしまうかもしれません。さらに神経の近くには毛細血管もあり、お口から全身に病原菌を運んでしまうリスクがあるのです。むき出しになったもろい歯質を住処として、細菌に感染して腫れてしまう可能性もあります。

そして外れたままの状態ではそこに隙間ができてしまうため、噛み合わせが合わなくなってしまい、健康な歯や全身の体調にまで悪影響が出てしまいかねません。(→ 噛み合わせの不思議

いかがでしたか?もし外れた後すぐに痛みがなかったとしても、放置してしまうと歯の状態が悪くなってしまったり、その分治療費や通院回数も増えてしまったり、メリットは1つもありません。
上記のことを参考にしていただきながら、治療を最小限のものにするためにも、早めの受診をおすすめします。

普段から定期的にクリーニング等で受診をしておくと、詰めものの経年劣化にもいち早く気付くことができます。適切なケアにより詰めものを長持ちさせるためにも、定期健診を習慣にしておくと安心ですね。


花粉症で歯が痛くなるって本当?

鶴ヶ島の歯医者・スギ花粉

ムズムズ…クシュン!
毎年必ず訪れる、花粉症の季節。老若男女問わず、毎年多くの人が頭を悩ませています。
さらに、花粉症の時期に「なんだかズキズキと歯が痛む」…と歯医者に来院する患者さんもいらっしゃいます。実は、花粉症の影響で歯が痛くなることがあるのです。
今回は「花粉症で歯が痛くなるの?」という疑問から、体の仕組みやおうちでできるケアなどを考えていきたいと思います。痛みの原因を知って、つらいこの季節を元気に乗り越えて、春を迎えましょう!

1、花粉症とお口の関係

鶴ヶ島の歯科・花粉症

日本人の国民病とも言われている花粉症は、東京都健康安全研究センターの平成28年度の調査によると、都内のスギ花粉症の推定有病率は48.8%と推計されているそうです。(東京都健康安全研究センター「花粉症一口メモ2019」より
一見関係なく思える歯の痛みと花粉症。くしゃみ、鼻水、目のかゆみ…それ以外にお口の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?

免疫力の低下

スギ花粉の時期などは特に、季節の変わり目で気温の変化も激しく、そんな時期は免疫力が下がりがちです。体の免疫が下がると、お口の中の菌のバランスが崩れ、歯ぐきが腫れるなどの症状が出ることがあります。

口の中が乾燥する

鼻が詰まっている状態が続くと、口呼吸によってどうしてもお口の中が乾いてしまいます。その乾燥状態は菌にとっては過ごしやすい…つまり菌が繁殖しやすくなるのです。それが歯垢になって歯周病やむし歯の直接的な原因になってしまいます。
また、唾液にはお口の中の自浄作用・殺菌作用があることからも、できるだけ乾燥しない方が良いことがわかります。さらに、花粉症の症状を緩和する薬の種類によっては、口が乾きやすくなる服作用があるため、乾燥状態を進めてしまう可能性もあります。

 

2、花粉症で歯が痛くなる原因

むし歯と歯周病

先に述べたように、口呼吸や薬の副作用によってお口の中の乾燥状態が続いてしまうと、むし歯や歯周病のリスクが高まります。さらに花粉の中での外出も憂鬱になり、歯科医院でのクリーニングにも足が遠のいてしまうと、お口の不調を発見することが遅れてしまいます。歯が痛む原因の中には、これらのトラブルが進行している可能性が考えられるため、歯科医院での早期の治療をおすすめします。

副鼻腔炎

むし歯や歯周病がなくても、奥歯のあたりが痛むことがあります。
私たちの顔には、頬骨のあたりに上顎洞(じょうがくどう)という、鼻腔とつながっている空洞があり、花粉症やアレルギー反応などでここの粘膜が腫れてしまうことがあります。その部分が炎症を起こしてしまうのが「副鼻腔炎」、いわゆる「蓄膿症」と言われるものです。上顎洞は上の奥歯と近い位置にあるため、炎症によって刺激されて、その結果上の奥歯が痛むというわけです。

 

3、今日からできる!おうちでのケア

コップ

「そんなこと言ったって、花粉症の薬を飲まないと仕事や授業に集中できないし、何よりつらい!」「できることなら鼻呼吸したいけど!」

そう叫びたい方々も多いかもしれません。もうすでに苦しい思いをたくさんしているのに、加えて歯の痛みまで抱えたくないですよね。だからこそ、おうちで実践できる身近なケアから始めてみましょう。

お口を潤す

・ノンシュガーのキシリトールガムなどで唾液の分泌を促す
・こまめに水を飲み、口腔内を湿らせておく(ジュースなどではなくお水)

健康的な生活を心がけて免疫力を上げる

・十分な睡眠で抵抗力を高める
・偏った食生活、刺激物や脂質の摂りすぎ、過度の飲酒は控える

歯磨きはていねいに

・歯垢ができやすい状態のため、普段以上にていねいな歯磨きを心がける

部屋の湿度を保つ

・乾燥している室内では花粉が舞いやすいため、加湿器等で適度な湿度を保つ

 

4、歯医者へ行こう

鶴ヶ島の歯科・花粉症

歯の痛みを感じたら、まずは歯科医院での受診をおすすめします。レントゲンやCTなどの方法で痛みの原因を知ることが、改善への第一歩になるからです。ですが、花粉の時期特有の「歯医者での悩み」、ありませんか?

患者さんの中には「治療中にくしゃみが出てしまったらどうしよう…」「途中で鼻水が出たら嫌だな…」と心配なあまり、治療や定期健診を先延ばしにしてしまう方もいらっしゃいます。だけどそんな時こそ、定期的なクリーニングがとっても大切です。
歯科医師の先生や歯科衛生士さんたちの中にも、花粉症のつらさを知っている人がたくさんいますので、心配な方はお気軽に「花粉症なんです」とお声がけくださいね。

また当院では高性能の空気清浄機を、待合室と診療室で常に稼働していますので、快適に過ごしていただけます。

※感染症対策の一環として、当院ではくしゃみや咳エチケットへのご協力をお願いしております。ハンカチや服の袖で口元を覆っていただけますよう、ご配慮をお願いいたします。


立春を迎えて暦の上では春とは言っても、まだまだ寒い日が続いています。体調や自律神経が崩れやすい時期でもありますので、身体のことを知って、ご自身でできる身近なケアから始めてみませんか?

本格的な春の到来まであと少し。日々の対策で症状を緩和しながら、素敵な春をお過ごしください。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~


周囲の骨を溶かしていく炎症の怖さ

こんにちは!プラザ若葉歯科の佐藤です。

 

虫歯は、でき始めておよそ6年ほどで神経に到達します。「ちょっとしみる」と感じる症状が現れると、多くの場合は、それから数か月のうちに夜も眠れないほどの痛みに襲われます。まれに、それほどの痛みをともなわないこともあるようですが・・・。

 

さらに、そのまま放置しておくと、いよいよ歯の神経が死に絶えて、いったん痛みが遠のき、平穏な時間が訪れます。しかしその平穏な日々は長くは続きません。半年もすると、完全に腐りきった神経にふれていた根っこの先に炎症が起こります。この炎症が徐々に周囲の骨を破壊していきます。病理組織的には細かく分類されていますが、レントゲンで黒く見える骨破壊像は、総称して「根尖病巣」といいます。根尖病巣はさらに周囲の骨を破壊して、膿の出口をつくることもあります。

 

根尖付近に病巣ができると、そのときの体調や状況によってさまざまな症状が現れます。歯が浮いた感じがするとか、硬いものがかめないなどの症状だけでなく、顔もゆがむほどに腫れることもあります。激しい症状に対して、緊急的に歯ぐきを切って膿を出して炎症を抑えますが、根本的な処置としては、時間をかけて根の治療を行わなければなりません。

 

この時期の治療としては、完全に腐りきってヘドロ状になった歯の神経を、抜髄時と同様に、ファイルやリーマを用いて取り除き、ゴムとセメントで根尖孔を綿密に封鎖します。基本的な処置は、抜髄とまったく同じですが、この一連の処置を「感染根管治療」といいます。見えないところを手探りで行う治療ですので、治癒率は50%程度と考えられます。

 

ろう孔ができて、膿が外に排出されると、急速に痛みは緩和されます。上顎の骨は下顎の骨に比べてやわらかいので、比較的簡単にろう孔ができますが、下顎は歯の表面の骨(皮質骨)がとても厚い場合があり、穴が開かなくて痛みが長引く傾向があります。

 

この状態をさらに放置しておくと、歯と周囲の骨の崩壊がいっそう進行して、数年後にはまったく使い物にならなくなってしまいます。つまり歯は、虫歯の発生からおよそ10年で消滅する運命なのです。
こうならないように、早め早めの治療をこころがけていきたいですね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

虫歯の治療

虫歯は放置しておいても治ることはありません。
早めの治療で痛みも治療期間も費用も節減できます。


象牙質まで進むと一気に広がる大虫歯

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。

 

歯みがき習慣の定着した現在では、さすがに「口の中全体が虫歯」という人はほとんどいなくなりました。同時に、歯のみがきやすい平面の虫歯も少なくなっています。しかし、汚れのたまりやすい、かみ合わせ部分の溝、歯と歯ぐきとの境目、歯と歯の境目には、まだまだ多くの虫歯が発生しています。この中で特に重要な虫歯は、発見と治療の難しい臼歯部隣接面の虫歯です。

 

象牙質に到達した虫歯は、閉鎖された空間で急速に象牙質を侵略していきます。侵略された象牙質は、豆腐のようにやわらかくなってしまいます。一方、表面のエナメル質はほとんど無傷で残るため、中の空洞の存在を見つけ出すことは困難です。中が透けて少し黒く見える程度の虫歯でも、奥歯だとインレーになってしまいます。それ以下の虫歯は、レントゲンやレーザー式の探知機でさえ見落としてしまいます。

 

歯と歯の間の汚れを取りながら、じっくり見つめて初めて見つかる虫歯もあります。この程度ですと、奥歯でも多くの場合レジン充填ですむ可能性があります。いずれにしても、早期発見を常に心がけておかないと、80年の歳月をすこやかにすごすことができないのです。

 

中の象牙質が完全に侵略された後も、強固なエナメル質に守られてタマゴの殻みたいになった歯も。かみ合わせの力によって徐々にひびが入ってきあmす。最後は、何かの拍子に大崩壊を起こします。「ある日、突然大虫歯の発見!」と新聞見出しのような大事件が、”青天の霹靂”のごとく襲ってきます。こうなってしまうと、多くの場合、歯の神経を取ることになってしまいます。

 

神経に到達したむ虫歯は、かならずしもすぐに痛みを感じるよはかぎりません。「そういえば、半年前にちょっとしみたかな・・・」という程度のこともあって、気が付いたときには、すでに神経が腐っていたということもあります。

 

自分では「大丈夫かな」と思っていても、知らない間に虫歯はどんどん進んでいるかもしれません。少しでも心配になった時は、すぐに歯科医院に行きましょう。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

虫歯の治療

虫歯は放置しておいても治ることはありません。
早めの治療で痛みも治療期間も費用も節減できます。


一度治療した部分がまた虫歯に!?二次カリエスとは?

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
みなさんは、一度治した歯なのにまた同じところが虫歯になってしまった・・・という経験はありませんか?

 

インレーに限らず詰めたり被せたりした修復物は、いつか必ずトラブルが発生します。セメント層が破壊されるだけではなく、接している歯の部分が破折してすき間ができることもあります。すき間ができれば虫歯は急速に進みます。また、精密につくられたようでも、接合部分には微妙な段差がありますので、汚れがたまって虫歯になることもあります。これらを「二次カリエス」(カリエスは虫歯の意)といいます。

 

かみ合わせ部分ですと、食べ物が引っかかるとか、舌でさわって異変を感じることもあります。歯茎周辺だと、出血しやすい、歯茎がはれたなどの症状が見られることもあります。通常は、この違和感に気がつかないまま放置してしまい、歯が痛み出すか、詰め物が外れて、歯医者に駆け込んだときには神経を取ることになってしまいます。

 

歯の神経を取ってしまうと、歯の寿命を一気に縮めてしまいますので、治療後10年を目安に再治療を検討すべきです。適切に再治療を繰り返せば、神経を取る時期を30年以上先延ばしすることができるのです。

 

しっかりと装着されたインレーは、虫歯の進行を強力に阻止してくれますが、セメント質の崩壊や、破折によって一部にすき間ができると、わずか数ヶ月もすると歯の神経をおびやかす虫歯に成長してしまいます。詰め物の周囲が黒く透けて見える場合は、早めに治療し治すよう心がけましょう。

 

歯茎の境目に虫歯があると、そこに汚れがたまって歯茎が炎症を起こします。出血や知覚過敏などがおもな症状ですが、それを歯が痛いと勘違いするときもあります。二次カリエスの場合は、特に見つけ出すことが難しいので、注意が必要です。
定期的に歯医者で検診をして、早めに悪いところを見つけられるようにしましょう!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

虫歯の治療

虫歯は放置しておいても治ることはありません。
早めの治療で痛みも治療期間も費用も節減できます。