歯ぎしりしていても大丈夫?

寝ているときに歯をすり合わせて「ギリギリ」と音を立てているときがあります。
これが歯ぎしりです。歯ぎしりには、歯をすり合わせるものの他に、上下の歯を強くかみしめたり、「カチッカチッ」と上下の歯を打ち鳴らすものがあります。
また起きているとき、気づかないうちに強くかみしめている場合もあります。
歯ぎしりは歯に大きな負担をかけますが、子どものころの歯ぎしりは、成長していく上で自然なことですので、気にしなくても大丈夫です。

1回のはぎしりが長く、また長い期間続いている場合は注意が必要です。
歯ぎしりの原因が、歯並びやかみ合わせの乱れ、ストレスからきている場合があるからです。このようなときは、一度歯医者さんへ相談に行った方が良いでしょう。
ほうっておくと、歯や歯ぐきをいためたり、歯が欠けたり、また顎関節症というあごが開かなくなったり、痛くなったりする病気にかかってしまう可能性もあります。

予約
歯のこばなし
今日のお天気