飲み込む時にのどボトケが動くわけ

のどボトケは、誰しものどにあるものです。
ものを飲み込む時に上前方へと動くのがわかりますか?

こののどボトケは軟骨でできていて、別名を喉頭といいます。
喉頭は気管につながっていて、ドーナツ型の軟骨が空気を肺に送るため、いつも広い空気の通り道を作っています。

のどボトケのすぐ後ろには食べ物を胃に送る食道があります。
食道は気管と違って、普段はギュッと閉じています。
食道は普段閉じていないと、食べた中身が胃からのどの方に上がってきてしまうからです。

ところが食道は、閉じることはできても、自分で大きく開いて食べ物を胃に通すことができません。
これでは食べる時に困りますよね。そこで、活躍するのがのどぼとけです。

食道の壁とのどボトケはつながっていて、のどボトケが上前方に動くと、食道の壁が引っ張られ、食道が大きく開くのです。

食べ物を飲み込む時に、タイミングよくのどぼとけが動いて、食道を開けないと大変です。
食べ物がのどボトケ(咽頭、気管の入り口)の方に間違えて入ってむせてしまいます。

飲み込むときにのどボトケがグッと動くのは、むせないためにタイミングよく食道を開けていたからだったのです。
のどボトケって働き者ですね。

予約
歯のこばなし
今日のお天気