飲み込む時にのどボトケが動くわけ

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

飲み込む時にのどボトケが動くわけ

のどボトケは、誰しものどにあるものです。
ものを飲み込む時に上前方へと動くのがわかりますか?

 

こののどボトケは軟骨でできていて、別名を喉頭といいます。
喉頭は気管につながっていて、ドーナツ型の軟骨が空気を肺に送るため、いつも広い空気の通り道を作っています。

 

のどボトケのすぐ後ろには食べ物を胃に送る食道があります。
食道は気管と違って、普段はギュッと閉じています。
食道は普段閉じていないと、食べた中身が胃からのどの方に上がってきてしまうからです。

 

ところが食道は、閉じることはできても、自分で大きく開いて食べ物を胃に通すことができません。
これでは食べる時に困りますよね。そこで、活躍するのがのどぼとけです。

 

食道の壁とのどボトケはつながっていて、のどボトケが上前方に動くと、食道の壁が引っ張られ、食道が大きく開くのです。

 

食べ物を飲み込む時に、タイミングよくのどぼとけが動いて、食道を開けないと大変です。
食べ物がのどボトケ(咽頭、気管の入り口)の方に間違えて入ってむせてしまいます。

 

飲み込むときにのどボトケがグッと動くのは、むせないためにタイミングよく食道を開けていたからだったのです。
のどボトケって働き者ですね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

医学博士による口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。

関連する記事

  • 抜歯後の治癒について2018年8月6日 抜歯後の治癒について こんにちは!プラザ若葉歯科の佐藤です。 今日は、どうしても歯を残せず抜歯になってしまった時のお話をさせていただきます。 […]
  • 歯の神経を取る治療とは2018年7月23日 歯の神経を取る治療とは こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。 みなさんは、虫歯が進行していってしまうとどのような治療をしなければいけな […]
  • 親知らずの抜歯をするか?しないか?2018年5月7日 親知らずの抜歯をするか?しないか? こんにちは!ブログ担当の佐藤です。 今回は、親知らずの抜歯についてもう少しお話します。   親知らずは、必ず […]