花粉症で歯が痛くなるって本当?-鶴ヶ島・若葉駅で痛くない歯医者【鶴ヶ島市のプラザ若葉歯科】

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

花粉症で歯が痛くなるって本当?

鶴ヶ島の歯医者・スギ花粉

ムズムズ…クシュン!
毎年必ず訪れる、花粉症の季節。老若男女問わず、毎年多くの人が頭を悩ませています。
さらに、花粉症の時期に「なんだかズキズキと歯が痛む」…と歯医者に来院する患者さんもいらっしゃいます。実は、花粉症の影響で歯が痛くなることがあるのです。
今回は「花粉症で歯が痛くなるの?」という疑問から、体の仕組みやおうちでできるケアなどを考えていきたいと思います。痛みの原因を知って、つらいこの季節を元気に乗り越えて、春を迎えましょう!

1、花粉症とお口の関係

鶴ヶ島の歯科・花粉症

日本人の国民病とも言われている花粉症は、東京都健康安全研究センターの平成28年度の調査によると、都内のスギ花粉症の推定有病率は48.8%と推計されているそうです。(東京都健康安全研究センター「花粉症一口メモ2019」より
一見関係なく思える歯の痛みと花粉症。くしゃみ、鼻水、目のかゆみ…それ以外にお口の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?

免疫力の低下

スギ花粉の時期などは特に、季節の変わり目で気温の変化も激しく、そんな時期は免疫力が下がりがちです。体の免疫が下がると、お口の中の菌のバランスが崩れ、歯ぐきが腫れるなどの症状が出ることがあります。

口の中が乾燥する

鼻が詰まっている状態が続くと、口呼吸によってどうしてもお口の中が乾いてしまいます。その乾燥状態は菌にとっては過ごしやすい…つまり菌が繁殖しやすくなるのです。それが歯垢になって歯周病やむし歯の直接的な原因になってしまいます。
また、唾液にはお口の中の自浄作用・殺菌作用があることからも、できるだけ乾燥しない方が良いことがわかります。さらに、花粉症の症状を緩和する薬の種類によっては、口が乾きやすくなる服作用があるため、乾燥状態を進めてしまう可能性もあります。

 

2、花粉症で歯が痛くなる原因

むし歯と歯周病

先に述べたように、口呼吸や薬の副作用によってお口の中の乾燥状態が続いてしまうと、むし歯や歯周病のリスクが高まります。さらに花粉の中での外出も憂鬱になり、歯科医院でのクリーニングにも足が遠のいてしまうと、お口の不調を発見することが遅れてしまいます。歯が痛む原因の中には、これらのトラブルが進行している可能性が考えられるため、歯科医院での早期の治療をおすすめします。

副鼻腔炎

むし歯や歯周病がなくても、奥歯のあたりが痛むことがあります。
私たちの顔には、頬骨のあたりに上顎洞(じょうがくどう)という、鼻腔とつながっている空洞があり、花粉症やアレルギー反応などでここの粘膜が腫れてしまうことがあります。その部分が炎症を起こしてしまうのが「副鼻腔炎」、いわゆる「蓄膿症」と言われるものです。上顎洞は上の奥歯と近い位置にあるため、炎症によって刺激されて、その結果上の奥歯が痛むというわけです。

 

3、今日からできる!おうちでのケア

コップ

「そんなこと言ったって、花粉症の薬を飲まないと仕事や授業に集中できないし、何よりつらい!」「できることなら鼻呼吸したいけど!」

そう叫びたい方々も多いかもしれません。もうすでに苦しい思いをたくさんしているのに、加えて歯の痛みまで抱えたくないですよね。だからこそ、おうちで実践できる身近なケアから始めてみましょう。

お口を潤す

・ノンシュガーのキシリトールガムなどで唾液の分泌を促す
・こまめに水を飲み、口腔内を湿らせておく(ジュースなどではなくお水)

健康的な生活を心がけて免疫力を上げる

・十分な睡眠で抵抗力を高める
・偏った食生活、刺激物や脂質の摂りすぎ、過度の飲酒は控える

歯磨きはていねいに

・歯垢ができやすい状態のため、普段以上にていねいな歯磨きを心がける

部屋の湿度を保つ

・乾燥している室内では花粉が舞いやすいため、加湿器等で適度な湿度を保つ

 

4、歯医者へ行こう

鶴ヶ島の歯科・花粉症

歯の痛みを感じたら、まずは歯科医院での受診をおすすめします。レントゲンやCTなどの方法で痛みの原因を知ることが、改善への第一歩になるからです。ですが、花粉の時期特有の「歯医者での悩み」、ありませんか?

患者さんの中には「治療中にくしゃみが出てしまったらどうしよう…」「途中で鼻水が出たら嫌だな…」と心配なあまり、治療や定期健診を先延ばしにしてしまう方もいらっしゃいます。だけどそんな時こそ、定期的なクリーニングがとっても大切です。
歯科医師の先生や歯科衛生士さんたちの中にも、花粉症のつらさを知っている人がたくさんいますので、心配な方はお気軽に「花粉症なんです」とお声がけくださいね。

また当院では高性能の空気清浄機を、待合室と診療室で常に稼働していますので、快適に過ごしていただけます。

※感染症対策の一環として、当院ではくしゃみや咳エチケットへのご協力をお願いしております。ハンカチや服の袖で口元を覆っていただけますよう、ご配慮をお願いいたします。


立春を迎えて暦の上では春とは言っても、まだまだ寒い日が続いています。体調や自律神経が崩れやすい時期でもありますので、身体のことを知って、ご自身でできる身近なケアから始めてみませんか?

本格的な春の到来まであと少し。日々の対策で症状を緩和しながら、素敵な春をお過ごしください。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~


高齢者に多い「誤嚥性肺炎」は新型コロナウイルス重症化のリスク?

現在、日本人の死病原因の第1位はがん、第2位が心疾患、第3位は肺炎です。
特に高齢者になると肺炎で亡くなる人の割合が多くなりますが、実はそのことに歯周病が大きく関係しています。

高齢者がかかる肺炎の多くは誤嚥性肺炎です。誤嚥とは食べ物や飲み物を誤って飲み込むこと。
本来、唾液や食べ物は口から食道を通って胃に運ばれますが、誤って気管に入り、気管支、肺へ送られてしまう事があります。
このとき歯周病があり、口の中がプラークだらけで不潔な状態だと、歯周病が肺に感染して誤嚥性肺炎を引き起こすのです。

歯周病はウイルスや細菌の感染を助長するといわれています。それは現在流行している新型コロナウイルス感染症も例に漏れません。

そもそも肺や気管は、口から細菌が侵入しないように嚥下反射などの生理的な反応で保護されていますが、高齢になるとこれからの機能が衰えて摂食嚥下障害が生じ、誤嚥が起きやすくなります。したがって、高齢になるほど口の中を清潔に保つことによる歯周病予防がいっそう重要になります。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。


口腔ケアで新型コロナウイルスの予防ができる!?

歯周病の原因は、プラーク中の歯周病菌の「細菌感染」です。 歯周病もむし歯と同様、細菌なしには起こりえない感染症といえます。 現在、歯周病の原因菌は10種類以上いることがわかっています。 これらはもともと口腔内に何百種類もいる常在菌の一部なので、感染を完全に防ぐことはなかなか困難です。 歯周病菌の感染の多くは、母子間など大人からのルートだといわれます。 しかし、歯周病菌が母から子にうつるのと、そこで歯が定着して病気を起こすのとは事情が異なります。 たとえ歯周病菌がいたとしても、歯磨きなどの口腔ケアをきちんとして、プラークのような歯周病菌の棲みかを作らないことが大切です。 ちなみに歯周病は大人同士のキスでもうつります。 自分だけが熱心に口腔ケアをしていても、パートナーが怠っていれば感染は完全には防げません。 家族やカップル同士がそろってケアすることが大切です。

また、歯周病予防として口腔内の衛生状態を保つことは、ウイルス感染や症化予防につながると言われています。昨今流行している新型コロナウイルス感染症に関しても、様々な専門家が「口腔ケアにて感染・重症化のリスクを低下させられる可能性がある」との見解を示しております。

まずはお口の中の健康を見直してみましょう。

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。


高齢者の歯科治療

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
今回は、高齢者の歯科治療についてお話します。

 

高齢になるにしたがって、それまでどうにかとりつくろいながら使ってきた歯も、いよいよ限界を迎え、長時間の複雑な治療が必要となり、最終的には抜歯を迫られることになります。全身的な体力の衰えに加えて、さまざまな病気が加わって、歯の治療が困難な状況になってきます。

 

糖尿病は歯周病や虫歯の進行を早めますし、根の治療を行っても結果は予想以上に悪く、再発を繰り返します。骨粗しょう症などの治療に使われるビスフォスフォネート系の薬は、抜歯を行うにあたって、顎骨壊死の危険性が高まると言われています。脳血栓や心筋梗塞の再発予防に使われているワーファリンやバイアスピリンと呼ばれる抗擬固剤は、血をかたまりにくくする薬なので、抜歯や出血をともなう治療には注意が必要です。

 

一方、残っている歯自体にも老朽化が進み、長年の使用に耐えて健康と思われる歯にも多数の亀裂が入り、硬い物を食べたわけでもないのに簡単に割れてしまうことがあります。過去に被せた歯も、知らず知らずの間に虫歯が進み、たとえ治療し直したとしても、すぐに壊れてしまいます。

 

歯周病が進んでぐらつきだした歯は、次々と抜けて、そのたびに入れ歯の修理や作り直しを迫られます。入れ歯もなかなかなじまず、いく度となく調整を繰り返し、やっとなじんだころにはまた作り直すという悪循環です。こんなに苦労するののあら、思い切って総入れ歯にしたいという声も聞こえてきます。食事だけが楽しみといわれる人が多い中にあって、それすら思い通りにならないことが多いのが現実です。「若いころに、もっと歯を大切にしておけばよかった」と悔いを残さないためにも、いまからできる最善の道を選びましょう。

 

ちなみに、さきほどの話の中で出てきた抗凝固剤とビスフォスフォネート製剤について詳しくお話します。
ワーファリンは、ビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくする薬です。心房細動、陳旧性心筋梗塞、冠動脈バイパス手術後、人工弁置換術後、静脈血栓症などの治療や治療後の再発予防として、ワーファリンを飲んで血栓ができることを防ぎます。そのため、抜歯後の出血が止まらないので、大事に至る可能性がないのかという心配もあります。

 

最近の見解としては、抗凝固剤を中断する必要はなく、抜歯後の止血を十分確認するとされています。止血しにくくても目に見える場所ですので、ガーゼのようなもので強く圧迫していれば、まず止まります。

 

2006年11月にはビスフォスフォネート製剤の重大な副作用として「顎骨壊死・顎骨骨髄炎」が追記されました。この副作用のほとんどが静脈内投与されたもので、骨粗鬆症に対する内服治療ではきわめてまれなことですので、抜歯できないということにはなりません。大切なことは、情報を共有し、共同してリスクを乗り越えることだと思います。

 

お薬を飲んでいる方で、歯医者で大きな治療ができるかご心配に思われている方は、一度ご相談下さいね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。


気になる口臭は歯周病が原因だった!?

 

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
匂いの強い物を食べた時などに、「口臭」が気になったことがある…という方は、少なくないと思います。口臭は唾液の量とも関係していて、だ液は1日に1.5リットル分泌されていますが、加齢によってその量は減っていきます。だ液が減って口の粘膜が乾燥すると、口臭は強くなります。その意味では、口臭も老化現象の1つとしてとらえることもできます。一方、口臭の原因もいろいろいわれていますが、そのほとんどが口の中に原因があります。

 

口腔内常在菌のうち、歯周病の原因ともなる嫌気性菌が、タンパク質を分解して腐敗させることによってつくられる硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイなどの「揮発性硫黄化合物」(VSC)がおもな原因です。この中でも、硫化水素とメチルカプタンが、口臭から検出されるVSCの約90%を占めるといわれています。つまり、歯周病の進行をコントロールする事によって、ほとんどの口臭は防ぐことができるということです。もう一つ、虫歯によってできた大きな洞穴も、汚れがたまって腐敗臭を発生させます。虫歯の治療と合わせて、口の中を清潔に保つことが、口臭予防の第一歩といえるでしょう。

 

ちなみに、口臭外来などで診査を受けて「口臭がない」と診断されても口臭が気になるという人は、「口臭恐怖症」の可能性が高いかもしれません。

 

「鼻を指でこする」などの他人のしぐさを見て、ときには他人の「こそこそ話」でさえ、自分の口臭のためと誤解する人もいます。自分の口臭のために居室や職場まで悪臭が充満すると考えて、職場を変えたり、あちこちの病院を転々として、無駄な歯科治療や手術などを受けることになりかねません。

 

口臭恐怖症は、社会恐怖症の1つと考えられています。多くは過去にすごく恥ずかしい経験をするなど、強い精神的ショックを受けたことがトラウマとなって、極度の緊張を引き起こしているケースです。

 

口臭は、案外周りの人は気にしておらず、自分だけが気にしているだけだった…ということもあります。もしそれでも心配という方は、大学病院の心療歯科、あるいは近くの心療内科などを受診してみたら気にならなくなったという方もいらっしゃいます。

 

口臭が気になる…という方は、一度ご相談ください。一緒に原因を探って改善していきましょう!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。