抜歯後の治癒について-鶴ヶ島・若葉駅で痛くない歯医者【鶴ヶ島市のプラザ若葉歯科】

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

抜歯後の治癒について

こんにちは!プラザ若葉歯科の佐藤です。
今日は、どうしても歯を残せず抜歯になってしまった時のお話をさせていただきます。

 

苦しめられた炎症も、抜歯によって炎症を起こしていた原因が排除されると、速やかに回復します。つまり、健康な骨に囲まれた場所は骨に、歯肉に囲まれた場所は歯肉になります。

 

抜歯をした穴に流れ出した血液は、ゼリー状に固まって血餅を作ります。傷口は2~4日ほどで小さくなり、くぼみが残るものの、7~10日ほどで表面が上皮におおわれます。血餅の内部では、血管の新生と骨を作る細胞の増殖(骨芽細胞)が始まり、肉の塊のような組織(肉芽組織)に変化していきます。肉芽細胞は、時間の経過とともに線維化して幼若な骨(繊維骨)になっていきます。3ヶ月ほどでくぼみもなくなり、表面的な治癒は完了します。内部の骨はその後も成長して、骨表面が緻密骨でおおわれるまでは、抜歯後1年ほどの経過が必要になってきます。

 

最終的に治癒しないような抜歯はありませんが、正常に抜歯された場合でも、2%ほどの頻度で露出した骨面に「ドライソケット」という炎症が起こります。その中でも特殊な例では、尖った骨が歯肉を突き抜けて露出することがあります。舌に引っかかるように突き出した骨は、裸のまま口腔内環境にさらされて炎症を起こします。そのまま放置しておいても、尖った骨は自然に崩壊(自壊)して治癒するので、過度に心配する必要はありません。極端な痛みと違和感が強い場合に限って、麻酔をして尖った部分を削り取れば、速やかに炎症は治まります。また、湾曲した歯根が破折して、どうしても抜けずに残った場合も、なにごともなかったように、その取り残された歯根を取り囲むように骨が再生しましので、過剰な心配は無用です。

 

最初はくぼみが元に戻るのかや、傷口の状態について色々と心配なこともあるかと思います。ただ、傷口は徐々にゆっくりと治っていきますので、心配はいりません。
もし、気になる感じなどが続くようならいつでもご相談くださいね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

医学博士による口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。


歯の神経を取る治療とは

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
みなさんは、虫歯が進行していってしまうとどのような治療をしなければいけないかご存じですか?

 

虫歯が進行すると、歯の神経に炎症を起こして強くしみたり、ズキズキと痛みだしたりします。歯の神経は、根の先端にある「根尖孔」と呼ばれる細い管を通って供給されるわずかな血流によって生活しています。そのため、神経の一部に炎症が起こると、回復することが困難になります。そこで歯の神経を取ってでも、歯の機能維持しようとする処置が「抜髄」です。

 

虫歯部分を削り取って、神経を露出させたのち、ファイルやリーマーと呼ばれる細い針のような器具を使って、神経や血管など取り除きます。細い針から順番に、神経の通っていた管(根管)を拡大(根管拡大)しながら残留物を除去(根管形成)していきます。小さな処置とはいえ、歯の周りの組織にとっては大きなダメージを受ける手術です。当然、その切断面付近には手術後特有の炎症が起こることになり、一時的でも痛みが残ることになります。

 

神経は1本や2本だけではなく、歯によっては3本・4本入っているものもあります。そのうえ、根の先の部分は複雑に枝分かれしています。このような複雑な部分を、レントゲン写真と手指の感覚で治療しています。

 

根管内の神経や血管を取り除いたあとに、そのまま被せてしまうと、その空洞に根尖孔から血流や体液が滲み込んで貯留し、再び腐敗してしまいます。それを防ぐために、空洞となった根管をゴム(ガッタパーチャー)とセメント(シーラー)で根充(根管充填)して、根尖孔を綿密に封鎖します。この一連の治療を「抜髄治療」といいます。

 

この一連の処置を完璧にこなすことは、容易なことではありません。特に小学生時代の生えて間もない歯は、頭の部分は完成していても根の部分が未完成なこともあり、根尖部の閉鎖が不完全になってしまいます。反対に根管の細くなった高齢者では、リーマーなどの器具が挿入できないこともあります。治療しやすい若い人の歯でも、歯の根が曲がって器具の挿入が不可能な場合があります。

 

無理に治療してしようとして、器具が破折したり、誤った方向に穴をあけてしまったりすることもあります。それ自体は封鎖すれば問題はないのですが、一度誤った方向に道筋がついてしまうと、正しい方向に器具を挿入することが難しくなってしまいます。

 

腐敗物が根管内に残留しても、管が細い水道管にまれにさびがたまって閉鎖してしまうように、石灰沈着や第二象牙質の成長により、自然閉鎖することもあります。しかし多くの場合は、その量に比例したように根尖部分に炎症が起こってきます。

 

「神経を取る」ということは、神経のみならず歯への栄養補を司る血管も取ってしまうことです。抜髄した歯は、木でいれば枯れる木です。5年もすると、歯の色は変色してしまいます。多くの歯質が失われていますし、栄養分の供給が止まった象牙質では、水分とコラーゲンなどの有機質が枯れて、もろくなってしまいます。こうして、抜髄時のトラブルを免れた歯も、やがては寿命を迎えることになるのです。

 

抜髄は通常、局所麻酔を使って行います。炎症が激しく、麻酔がまったく効かないときには、かつて「亜ヒ酸」を虫歯部分に塗って神経を殺してから治療することもありました。ただし効きすぎると、根の先端部分の骨まで腐らせてしまうこともありました。亜ヒ酸の毒性は全身的にも危険ですので、現在ではほとんど使われていません。

 

神経を取った歯は二度と痛まず、銀歯を被せれば二度と虫歯にもならず、永遠の命を得た如く、生涯使えると思っている方ももしかしたらいるかもしれません。”生涯”は大げさにしても、20~30年は使えると思っている人は多いのではないでしょうか。現に、身近なところに「30年前に神経を取って被せた歯」を見つけることができます。腕のよい歯医者なら、20~30年は使えるように治してくれると誤解されているようです。

 

抜髄治療のなかったひと昔前ならもちろんのこと、いまでもそのような処置の受けられない発展途上国では、抜歯されています。それが技術の進歩によって、平均10年ほど延命できるようになったのです。
虫歯を放っておいて神経を取ることになり、歯の寿命が短くなってしまった…ということにならないよう気を付けていきましょう!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

医学博士による口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。


親知らずの抜歯をするか?しないか?

こんにちは!ブログ担当の佐藤です。
今回は、親知らずの抜歯についてもう少しお話します。

 

親知らずは、必ず抜歯しなければならないというわけではありません。決められた場所にきちんとうまく生えて、ほかの歯と同じように歯としての機能をもっている場合、あるいは骨の中に完全に埋伏した状態で、炎症を起こしたり、障害を起こしたりしていない場合は、抜く必要はないでしょう。しかし、生え方が悪く炎症を起こしている場合や、上の親知らずだけが生えて下の歯がなく、かみ合わせの相手がいない場合も、抜いてしまったほうがよいでしょう。抜歯にあたっては、痛みやしびれなどの後遺症を起こすリスクもありますが、抜かないことによるリスクも間げ手決めることが必要です。

 

歯を抜きたくない気持ちは誰でも同じです。だからといって、抜くべきでない歯をそのまま放置しておくことは危険です。特に解剖学的な位置関係から、後遺症を起こす可能性のある親知らずは、なおさらです。抜歯してしびれが残るというのも、想像以上に親知らずと下顎神経との間に距離がないことを意味します。このような親知らずを放置すると、親知らずの周囲の炎症は、簡単に神経に到達してしまう可能性が高いと考えられます。

 

抜歯によるしびれは、抜歯時の外傷による神経の損傷ですから、多少長引いたとしても治癒する可能性はあります。ところが、炎症が波及してのしびれでは、神経自体に変質が起こって、生涯回復しない可能性もあります。また、炎症や虫歯による破壊は、自然に回復する見込みがないので、周囲の歯に強く影響をおよぼしながら、将来もっと抜きにくい状態になって、抜歯を迫られることになってしまいます。

 

ここからは余談ですが、抜歯後の注意事項と「ドライソケット」というものについてお話します。
通常の抜歯は、麻酔が切れたときに痛みますが、その後は次第に痛みが弱くなっていきます。その痛みとは別に、2~3日後くらいから次第に強くなっていく痛みがあります。通常、抜歯後の傷は血餅(血液がゼリー状になったもの)でふさがれますが、過剰なうがいなどにより、血餅が十分に形成されなかったり脱落してしまうと、骨が直接口腔内に露出してしまいます。唾液に直接さらされた骨は、ときとして炎症を起こしてしまいます。

 

痛みは、通常2~3週間ほど続きます。これが「ドライソケット」と呼ばれる症状です。この治療には、もう一度麻酔をして、骨をガリガリ削って出血させて血餅をつくるのがふつうですが、誰もが嫌がるうえに、結果も思わしくないケースが多いようです。それよりも、抗生物質軟膏を直接注入したほうが、結果もよい場合があります。

 

抜歯後は、ジワジワとした出血があり気になるという方もいらっしゃると思いますが、そこでうがいをたくさんしてしまうと出血も止まりづらくなる上に、「ドライソケット」という状態になってしまいます。抜歯後は、うがいをしないように気を付けて下さいね!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~


菌と生態系のバランス

 

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当佐藤です。
今日は、私たちの体の中の菌のバランスについてお話します。

 

感染症を起こすような病原菌と常在菌は、明確に分けて考えなくてはなりません。病原菌は人にとって不要な菌ですから、西洋医学的手法でもって撃退・撲滅しても問題はないのかもしれませんが、常在菌を撲滅してしまったら人は生きていけません。
人の皮膚や粘膜は、常在菌との共生体として機能する臓器であるのと同じことです。常在菌は、人が摂取した栄養分の一部を利用して生活し、ほかの種類の口腔細菌との間で数のバランスを保ちながら、一種の生態系(口腔内細菌叢)を形成しています。
常在菌は、環境の変化によって構成が変化します。たとえば歯周病菌が増えた場所は、環境の変化があったとみなされます。その環境変化の原因を突き止めて、環境を正常な状態に戻してやることが、歯周病治療の基本です。

 

ちなみに生態系とは、ある空間に生きている生物(有機物)と、生物を取り巻く非生物的な環境(無機物)が相互に関係し合って、生命(エネルギー)の循環を作り出しているシステムのことです。ある空間とは、地球という巨大な空間であったり、森林、草原、湿原、湖、河川などのひとまとまりの空間のことです。人の常在菌にとって、皮膚や粘膜、そして大腸などがこれに相当します。腸内細菌の場合、成人1人に存在する腸内細菌の重量は、約1.5キロにのぼるとされていますから驚きです。
生態系は、コンピュータでもはじきだせないほど絶妙なバランスで保たれています。人知のおよぶところではありません。有害とされた動物を排除したために、崩れ去った自然生態系の例はあとをたちません。地球環境破壊そのものも、生態系の乱れから生じていることを教訓に、対応しなくてはなりません。

 

私たちは、自分たちの中に住んでいる菌とうまく付き合っていき、そしてその環境を変化させずバランスを保っていくことが大事になってくるのですね。
環境の変化によって歯周病にならないように気を付けていきたいですね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~


歯の形と並び方の秘密

 

私たちが食事をする時のことを思い出してみて下さい。はじめに食べ物をガブリと噛み切るのは「前歯」。その食べ物を噛むときは「奥歯」を使います。前歯と奥歯の形はまったく違いますが、その形にはどんな意味があるのでしょうか?

 

馬や山羊のように一日中草を食んでいる草食動物は、奥歯が臼のような形をしていて、繊維質の草をすりつぶすのにピッタリです。一方、虎のような肉食動物の奥歯はとがっていてすりつぶすのは苦手であり、引き裂いた肉を丸飲みしています。

 

人間は雑食で野菜や肉も食べます。それで私たちの口の中には草食動物と肉食動物の歯がバランス良く入っています。色々な食べ物を引き裂いたりすり潰したり、臨機応変に対応できる歯が揃っています。

 

人間の歯には、大きく分けて3種類の形があります。ぜひ、鏡で自分の歯を見てみて下さい。真ん中の前歯4本はモノを噛み切るためにある歯です。前歯は、名前もその役割通りの漢字を使い、切歯(セッシ)と呼ばれています。
その隣にあるとがった歯は犬歯です。「糸きり歯(裁縫の糸を切る歯)」とも呼ばれています。とても太くて鋭く、お肉など硬いものを噛みちぎる時に使います。虎のキバは犬歯に相当します。
そして犬歯よりもうしろを臼歯と呼びます。「臼」は粉をひくときに使う道具です。かみちぎられた食べ物をすりつぶす役目をするので「臼歯」という名前がつきました。
形と役割が違うのは街の構造にも少し似ているかもしれませんね。駅前には商業施設、少し離れたところには住宅地、駅から遠く離れたところには農地という形が一般的ではないでしょうか。

 

プラザ若葉歯科の最寄り駅、若葉駅前も大きなショッピングモールがあり、いつもにぎわっています。坂戸市や鶴ヶ島市では駅を少し離れるとすぐに住宅地があり、もっと遠く離れたところには大きな公園や、農地が広がっています。反対隣の川越市では、駅前に広がる商業区域はやや大きめです!

 

話を戻しましょう。歯は前から順に切歯、犬歯、臼歯の3種類の形があります。3種類の歯について、復習できましたか?
それでは、次に歯の並び方についてです。歯はどうして、きれいなUの字に並んでいるのでしょうか。

 

実は、歯は押されることによってジワジワと移動をします。
歯は硬い顎の骨にガッチリと埋まっているにも関わらず、動くことができるのです。歯がUの字に並ぶヒントはここにあります。

 

大きな地震があると、周りをコンクリートで固めてある電柱が動いたり倒れたりすることがあります。このときコンクリートは崩れてボロボロ。
でも歯が動くとき、周りの骨は崩れたりしません。これには、歯の根っことあごの骨の間にある「歯根膜」が大きな役割を果たしています。

 

細胞は日々生まれ変わると言います。この働きは代謝と呼ばれています。目に見える皮膚だけではなく、臓器や骨も生まれ変わっているのです。

 

骨も日々失われ、少しずつ新しく作り直されています。歯に力が加わって骨を押し続けると、押されている部分の骨がジワジワと減っていきます。骨が減るとすき間ができ、押された歯がそこへ移動します。移動した方向の反対側にできたすき間には、新しい骨が作られるのです。こうして、歯は周りの組織を崩すことなく移動することができます。

 

骨を減らす仕事は破骨細胞。増やす仕事は骨芽細胞が担当です。
どちらも歯根膜の中にいて普段は休んでいますが、歯に力が加わると、活発に働き始めます。
歯が動くことができることが、規則正しく歯がU字型に並んでいる理由のヒントでした。

 

歯がきれいに並んでいるのは、外側からと内側からいつも均衡のとれた力で、押されるからなのです。歯はいつも、外側からくちびるとほっぺに押され、内側からは舌に押されています。この2つの力がちょうどつり合う居心地のいい場所に歯は動き、整列しているのです。

 

むし歯で崩れた歯を放っておくと、隣の歯や反対側の歯がそのスペースに動いてきたり倒れたりしてきます。むし歯の治療をきちんとすることは、歯の形も歯並びもきれいに保つことにつながります。ぜひ、引き続き大切にしていきましょうね。

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

 

関連ページ

医学博士による口腔外科

当院の院長は口腔外科の医学博士の資格を有しています。
お口の中の違和感、小さなことなど何でもご相談ください。