早期治療だと思っていたら、実は・・・-鶴ヶ島、若葉駅近くで痛くない治療を目指す歯医者、プラザ若葉歯科クリニック

歯のこばなし

診療技術を駆使した無痛治療。鶴ヶ島市・坂戸市・川越・若葉駅の歯医者・歯科なら当院へ。

早期治療だと思っていたら、実は・・・

こんにちは!プラザ若葉歯科のブログ担当佐藤です。

 

「最近、歯がしみるようになった。早めに歯医者にいかなくっちゃ」と思っている人はいませんでしょうか?「歯がしみる」という症状には様々な原因がありますが、虫歯で歯がしみるのは、症状がかなり進んでしまっているということかもしれません。歯の質や年齢、さらに場所によって虫歯の進行速度は違いますが、転げまわるような痛みになるまでには、およそ6年かかります。そうなってからだと、間違いなく歯の神経を取る(抜随処置)ことになってしまいます。

 

それ以前に、虫歯で歯がしみだすのは、転げまわるような痛みになる数ヶ月前の症状です。この時点でも、ほとんどのケースで神経を取ることになってしまいます。そう考えると、数字のうえからみても、「早期治療」とは虫歯発生から1年目かせいぜい2年目までに見つけて治すことを意味します。

 

虫歯によって強固なエナメル質が破壊されても、象牙質に達するまでには多少余裕があります。歯がちょと透けて黒く見え始めるのは、象牙質に虫歯が到達する頃です。ですが、象牙質に到達した虫歯は急速に拡大して、早ければわずか半年で歯随まで破壊していきます。

 

場所によっては「ちょっとしみる」前にすでに歯髄に虫歯が到達していることもあります。治療のときについでと思って治療すると、「痛みのない歯を治療して、神経までとられた」と受け止められてしまう可能性があります。ですから、できるだけ虫歯が象牙質に到達する前に治療しておくことが必要になってきます。この時期ですと通常は痛みもなく、麻酔する必要もありません。治療には、歯と同色のプラスチック様の「コンポジットレジン」を使いますので、費用も安く、審美的にも満足な結果が得られます。

 

症状が進んでしまうと、それだけ時間や治療費もかかってしまい、何より患者さん自身が大変な思いをしてしまいます。「歯がしみる」「虫歯かな?」と少しでも」感じたら、早めに歯科医院を受診しましょう!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。


歯も齢をとる!?

 

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。

 

みなさんは、歯がどのくらい硬いかご存知ですか?
歯の一番硬い「エナメル質」という部分は、何と鉄やガラスよりも硬い、水晶と同じくらいの硬さだそうです。

 

そんな、無機質が99%を占めるといわれる硬くて強靭なエナメル質も、長年の咬み合わせによって徐々にすり減ってきます。萌出後十数年の時点で、強くかみ合っている歯とそうでない歯との差が明らかになってきます。萌出後40年を経過した50年代の歯では、咬み合わせ部分に1ミリ近くあったエナメル質がすべて失われていることもあります。かみ合わせることによって、エナメル質が失われたのです。「咬耗」と呼ばれるエナメル質の消失も、生理的な歯の加齢変化と考えられています。

 

子どもの歯は白色ですが、年齢を重ねるにつれて褐色がかってきます。これは、象牙質の部分が年齢とともに石灰化が進んで硬くなると同時に、褐色がかってくるからです。歯が生えたあとも、象牙質内部では有機質が徐々に無機質へと変化して、透明になっていきます。この変化は根の先ほど強く、歯周病に対する最後の砦になっています。象牙質の石灰化の更新は、虫歯や歯周病に対する抵抗力を強化していると考えることができます。

 

しかし、石灰化を更新して硬くなったとはいえ、有機質を失った象牙質はもろくなってしまいます。表面のエナメル質を失った象牙質は、かみ合わせの力によって急激にすりへってしまいます。さらに、長年のかみ合わせに疲労した無機質には、無数の亀裂が走り、なにかのキッカケで簡単に破折してしまうリスクも高まってきます。

 

また、歯根が完成したあとも象牙質は厚みを増し、反対に歯髄は年々細くなっていきます。60歳をすぎるころになると、歯髄は細くなり、神経の治療ができなくなることもあるのです。

 

年を重ねるごとに、歯がもろくなってしまうというのは怖いですね・・・。
少しでも歯を長持ちさせるために、定期的に咬みあわせの検査や定期検診を受けるようにしましょう!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。


乳歯の虫歯は歯並びに影響する!?

 

こんにちは!プラザ若葉歯科のブログ担当佐藤です。
今回は、歯並びのお話です。

 

もともと日本人は歯と顎の大きさがアンバランスで、欧米人に比べて歯並びの悪い民族です。八重歯はその象徴ともいえる存在です。6番臼歯と前歯が生えてきたあと、かぎられたスペースに3本の永久歯芽生えてきます。その中でもっとも遅く生えてくる犬歯は、十分なスペースが確保されない可能性が高く、外に飛び出してしまうことになります。日本では、「八重歯はかわいい」とされる風潮もありますが、欧米では「ドラキュラの歯」として嫌われています。

 

乳歯はどうせ生え替わるから、虫歯になっても治療する必要がない、と考えているお母さんが案外多いのです。乳歯は、真下から生えてくる永久歯の力で歯根が溶けて、自然に抜け落ちる仕組みになっています。その乳歯がむし歯になって、根っこの先に膿をもつようになると、その膿を避けて歯は横から生えてきます。乳歯がボロボロになったり、乳歯を早く失ってしまうと、あごの発育や永久歯の生えるスペースが十分でなくなり、永久歯
の歯並びが悪くなってしまいます。

 

また、乳幼児の指しゃぶりなど、ちょっとしたクセも歯並びに影響することがあります。爪を噛むクセや舌を突き出すクセがある場合は、注意してあげてください。歯並びが悪いと、発音が悪くなるなど正常な発育をさまたげるだけでなく、汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病の進行が早くなってしまいます。

 

子どもの時に、虫歯は早めに治す、指しゃぶりや様々なクセを治す…ということを心がけるだけで、将来のお子さんのきれいな歯並びにつながります。ぜひ、気になることがあったらすぐに歯医者さんへ行きましょう!!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。


みんな同じ歯の悩みを抱えている


こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
みさなんは、ご自分の歯の本数や構造についてご存知でしょうか?
永久歯は、上下左右に各7本ずつ、合計28本あります。これに第三大臼歯(親知らず)を加えると、32本になります。

 

統計的に、歯の種類や場所によって生えてくる年齢がわかっています。乳歯は、前から順番に生後6ヶ月ころから生え始め、3歳ころまでに上下左右合わせて20本の歯が生えそろいます。永久歯は6歳ころ、乳歯列の後ろに第一大臼歯(6歳臼歯)が生え始めます。その後、乳歯は順次永久歯に生え替わっていきます。さらに12歳ころに第2大臼歯が生えて永久歯列が完成しますが、人によっては20歳を過ぎてから親知らずも生えてきます。

 

成人になっても、歯のすり減り具合や構造上の変化、歯周病の進行状況によって、年齢を推定することが可能です。さらに臨床的には、歯の破壊程度や治療の種類によっても、おおよその見当がつきます。

 

また、治療途中での放置状態や、清掃状態・通院態度などを見れば、性格まで見えてくることもあります。それらを統合して考えれば、将来どのような不都合が生じて、悩みや不安をかかえるのかも推測できます。

 

ここで大切なことは、多少の違いがあっても、誰もが歯牙喪失に向かって同じような悩みをかかえながら、同じ道を歩んでいるという現実です。逆に考えれば、同じ道であるがゆえに、その救済の方法も同じということになります。

 

みんな、それぞれ同じ歯の悩みを持っているということですね。
何かご心配なことなどがありましたら、ご遠慮なくご相談くださいね!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。


再石灰化を促進するリカルデントとは

こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
今回は、前回に引き続き虫歯予防に効果的な成分「リカルデント」についてお話します。

 

「リカルデント」(CPP・ACP)は、「乳製品を多く取る人たちに虫歯が少ない」ことに着目したメルボルン大学のエリック・レイノルズ教授が、15年におよぶ研究の末に開発された新成分です。CPP・ACPを構成するCPPは、牛乳を分解して得られる天然由来の成分です。ACPは、人が利用できる性状をもったリン酸カルシウムです。この豊富なミネラル(カルシウム/リン)が、CPPの働きによって歯に取り込まれやすい状態で保たれます。リカルデントは、さまざまな試験によって虫歯を抑制ー再石灰化することが確認されて、現在はガムとして商品化されています。みなさんも、お店で目にしたことは多いのではないでしょうか。

 

世界数か国の1人平均の年間砂糖消費量と、虫歯の数を比較してみると、かならずしも相関関係は認められていません。キシリトールやリカルデントには、虫歯を抑制したり再石灰化を促進したりする効果があるとは思います。しかし、過剰な期待と食べ過ぎは禁物です。特に低年齢者が常時使うことは、甘い物を好む体質につながっていきますので、注意が必要です。小さな子どもにとって、おやつは栄養上の重要な補助食です。糖分の量や質にこだわるよりも、ダラダラ食べて、糖分を口の中に停滞させる習慣を改めて下さい。ペットボトルを片手に、スナック菓子をいつでも持ち歩く子どもに、虫歯が多く目立ちます。おやつの時間をしっかり決めて食べましょう。また、甘いものを食べた後は、リンゴのような繊維性の食べ物を食べて、歯についた糖分を取り去る有効な方法とされています。

 

カルシウムやリンといったミネラルは、通常、唾液中にも存在し、歯が酸によって溶けだしてしまうのを抑制したり、溶けかかった歯へミネラルを取り込んだりしています。CPP-ACP配合のMIペーストとだ液に含まれるミネラルの量を比較したものでは、CPP-ACPがだ液に比べてはるかに豊富なミネラルを含んでいることがわかります。

 

虫歯菌に感染したラットの歯に、各種濃度のリカルデント溶液と500PPmフッ素溶液との組み合わせを作り、虫歯の抑制効果を検討した結果、1%のリカルデント溶液では55%の抑制効果が認められました。一方で、リカルデント単体で使うよりも、フッ素も併用した方がより高い効果が期待できることもわかりました。

 

虫歯を予防するための方法のひとつとして、リカルデントの入ったガムや歯磨き粉を使うのはとても効果的です。ただ、あくまで補助的な役割として考え、虫歯のできにくい環境を保てるような食生活をしていくことも心がけていきましょう!

 

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

 

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。